QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

組紐の出番

久しぶりに紐を組みました

糸を用意して、組ひもディスクにセット
モンシュシュで組紐 クラゲびろーん 
ビロリ~ンのクラゲ状態です。

始め、この状態で組み始めたのですが、糸が絡まる絡まる…


輪ゴムで短くまとめ直しました。
モンシュシュ組紐 輪ゴムセット 
ちょっと短すぎるかな、というくらいの方が扱いやすいようです。
輪ゴムはゆるくかけておけば、そのまま糸を引っ張り出せるのですが、
ゆるすぎるとビロビロ余計に出てしまって、加減がつかみにくかったです。
糸が減ってくると、輪ゴムはゆるくなってきますしね。



組紐ができました。
モンシュシュ組紐うろこ柄 
組紐部分の長さ 約30センチ。
途中の写真はナシです
CDを聴きながら、黙々と組んだですよ。

16Zスパイラルの応用で、うろこ柄というのにしてみました。
(『組ひもディスクでかんたん! 組ひものアクセサリー』(雄鶏社)より)
以前、練習したスパイラル模様と同じ作業なのですが、
色糸のセットの仕方を変えるだけで模様を変えられるって、
万年初心者のQPにはありがたいです

しかし、こんな簡単な紐を組むのに、2時間以上…
タティングレースに負けず劣らずの時間のかかる手仕事です。


この紐は巾着に使います。
巾着本体はもう完成しているので、これからセットです




ご訪問ありがとうございます。
巾着はコルソナス編み第2弾です。
せっかくの編み地の巾着なので、紐も頑張って手をかけてみました。
ぴったり合うといいのですが。




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

組ひもストラップ

組ひも、ビーズを組み込んで、ストラップを作りました。

じゃん!
かんたん!組ひもストラップ☆スパイラル 

参考にしたのは、7月に発売された組ひものムック本、
かんたん組ひもアクセサリー』(日本ヴォーグ社)です。

ただ、QPはこの本、買ってないんです

組ひもディスクと糸、ビーズがセットされたムック本なのですが、
QP、この本を知る前に組ひもディスクを買ってしまったんですよ。
糸とビーズもね、ウチには山ほどあるわけで…

で、ネットショップで見られる、中身を閲覧するとか、チラよみをガン見しまして…

ウチにある材料で、マネッコで作っちゃいました

あ!
もしも、これから組ひもを始めてみたい、という方がいらっしゃったら、
この本はオススメですよ!
道具と材料が揃っていて、初めてでもすぐに作品として完成できて、
満足感が得られると思います。
組ひもとしては簡単な技法で、オシャレなアクセサリーの作り方が載っています。
セットになっている糸がお試しにちょうど良い太さですし、
ビーズも、光を反射して光るビーズっていうのがイイですよね!


さて、ヨイショヨイショと宣伝っぽいことをして、
ちょっとばかり立ち読みの罪滅ぼしをしておいて


模様を変えて組んだ2本
組ひもストラップ☆模様を変えて水玉
組む手順は同じ、糸の組み合わせを変えて、ドット模様です。

デジカメのキラキラモードで撮ったら、なんだかあざとくなっちゃった
しかもピンボケだよ

部分アップにしてみます。
組ひもストラップ☆部分アップ
上2本がドット(水玉)で、下2本がスパイラルです。
ビーズは、左が透明オーロラで、右がパール調の丸大です。
このビーズはいろいろな色の糸にあわせやすくてお気に入りです。


簡単ですぐにできるストラップ、こんなに作っちゃいました
組ひもストラップ☆5本! 





ご訪問ありがとうございます。
今日も室温は30℃超えですが、夜は秋の虫の音が聞こえ、
空に広がる雲も秋っぽくなってきました。
ようやく酷暑も終わったかな、という感じですね。
これから夏の疲れが出てくる時期でしょうか。
皆様、体調にはお気を付けくださいませ(^^)



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

組ひも 16Z-スパイラル

組ひも練習、第2弾です

前回の『8Z…』の倍、
16本の糸の『16Z-スパイラル』を組んでみます。

ブランブラ~ン
組ひもディスクに16の糸 
糸をセットすると、こんなふうにブラブラ糸が下がっています。
今回は少し長めに組みます。
 糸は長いままだと作業しにくいので、まとめました。

糸はコレ
太めコットン糸 
百均のコットン糸&レース糸です。
手持ち在庫からゴソゴソ掘り出してきました。



16Z-スパイラルは、8Zから本数が増えただけで、
組む糸の動きは同じパターンなので、どんどん組みました

どんどん、どんどん…




ところで… 

組ひもは組んだあと伸びるんです!
(※ほとんど伸びない組み方もあるそうです)
「組んでいる時のひもは、縮んでいますので、
組み始めのところを持ち、少し引き伸ばして直します」
と説明書にあります。また、別の本には、
「組ひもは伸縮性があるので、
軽く引っ張ってから長さをはかりましょう」
と書いてある。

…うん、引っ張って伸ばすのね。
引っ張るのはいいけど、「少し」とか、「軽く」って、どのくらいなの?

伸びる割合も、組み方や組み手によって変わるそうです。
じゃー、実験してみるしかないですよね。


伸ばしますよー


組んだそのままのひも、試しに10センチで目印をつけます。
生まれたて16Z 10センチが… 

「少し」だの、「軽く」なんて力加減は曖昧なので、
景気良くググーーーッと引っ張りました。

おおー、伸びた、伸びた! 15センチ!
16Zの10センチが15センチに! 
1.5倍ですよ
思ったより伸びました!

ただし、遠慮なく引っ張って伸ばした場合、そのまま放置すると弱冠縮みます。
前回の8Z-スパイラルの場合、伸ばした直後は15センチあったのですが、
放置していたら、14センチに縮みました。


こんなことして遊びながらも、どんどん組んで…、



くるくるの16Z-スパイラルができました
くるくる16Zスパイラル 
今回のひもは32センチあります(房分は含まず)。

画像だとわかりづらいですが、
黄色の糸だけレース糸#20で他の糸より細いので、
その部分は少し細く締まっています。
組ひもの中には、太さのまったく違う糸を組み合わせた組み方もあって、
面白いデザインだったので、いつか試してみたいです。




くるくるスパイラルのひも2本、
ちゃんとヒモになったのが嬉しくて、
「ホラホラ、ヒモができたよ~」と家族にドヤ顔で見せたら、
「うん、ヒモだね。…で、それ ナニになるの?」と冷静なツッコミ…

うう…  練習とはいえ、確かにこれはヒモの切れ端でしかない


というわけで、次は曲がりなりにも、作品とよべるものを作りましたよー




ご訪問ありがとうございます。
昨日はとっても涼しくてエアコン要らず、今日も風が気持ち良いです。
このまま秋に移ってくれると嬉しいのですが、また暑くなるようですね。
早く穏やかで過ごしやすい天候になってくれることを願ってやみません。





↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

組ひもディスク

「なんでも いろんなこと やる人だねえ」とは、家人の言葉。
んふふ~ん、QPの好奇心は尽きることがないのさ~ 


組ひもに挑戦~ 組ひもディスク

ハマナカの組ひもディスクを買いました。
ディスクと説明書、お試し用の糸が入っています。 

説明書には、
8Z-スパイラル(8本どり丸ひも)』、
16Z-スパイラル(16本とり丸ひも)』とその配色替えの応用、
角八つ組み(8本とり角型ひも)』、
 『八つ瀬組(8本とり平ひも)』と、
最後を房にする『巻上げ結び』の説明がありました。
これだけあると、
「組ひもってモノを試してみたいな」という期待に十二分に応えてくれそうです。

しっかし、この組み方、どれも頭に「基本的な…」と付いているのですが、
時計のようなディスクの説明図、見ているだけではよくわからない

実際に手を動かしてみたほうがわかりやすそうです。


早速、組んでみます。
まずは、一番簡単そうな『8Z-スパイラル』から…
 

       :
       :
       :

…うん、始めてみると、リズムに乗って組んでいけます。

セッセと糸を組んで、「どのくらい組めたかなー♪」とワクワクと裏返してみたら、
「え?! たったコレッポッチ?
ちみっと組ひも 
2センチ足らず

いや~ 組ひもって時間のかかるものなんですね。
タティングもチマチマしか進まないものですが、そこはスカスカのレース。
組ひもは糸1本ずつ、みっちり詰めていかなくてはいけないわけで。ふう~



その後もセッセセッセと、組んで、組んで…



糸、めいっぱい、ギリギリまで組みました!
めいっぱい編んだ! 
用意した糸は同じ長さだったのに、余り具合が違ってる
力加減が均等ではなかったようです。


房を作って糸端を始末
お試し用の糸でこの長さ 
んーっと、お試しの糸2本で14センチくらい組めました(房分含まず)。
(※入っていた糸は、4色、1本ずつ、各130センチ弱でした。今回、2本使用)




初!組ひもの感想は…
「けっこうぢみな作業だなー」と。ごめんなさい


が!
もちろん、和の文化、伝統工芸の組ひもはこんなものではないので、
もうちょっと取り組んでみます。

このあと、『16Z-スパイラル』の練習もしました。
そして、ビーズを組み込んだストラップも作ったんですよ。
そのご報告は次回!



ご訪問ありがとうございます。
本格的な組ひもは敷居が高くて難しそうですが、
組ひもディスクを使ったアクセサリー作りは、自由で楽しそうです。
さて、なるべく手持ちの材料で済ませたいのですが、
どこまでできるかなー(^^;)



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。