QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

ローズガーデンを育てる(?)

タティング#40ローズガーデン 
前回アップしたローズガーデンの、レース糸40番のモチーフです。
このパターン、テキストには、
「右ページの(中略)ミニローズに、リングとチェインを1段加えたもの。
 お好みで、2段、3段と増やせます」と書いてあります。
つまり、同じ模様の作り方で、大きくすることができるってこと?

早速、もう1段増やしてみたのですが…
タティングRG2段目 
…フリフリに波打ってます。
1段目と同じパターンだと、模様が2倍になって、あまりがでちゃうみたい
1.5倍のほうが納まりがいいのでは?
とも思ったのですが、  …せっかく結ったのにモッタイナイ

このまま、もう1段増やしてみました。
今度は、模様を等倍にしました
タティングRG3段目 
狙い通り、、2段目が大人しく納まっています。
ヨシヨシ

全体は、こんな風になっています
タティングRG3段平面 
あばれまくっていた2段目は、チェインがギュギュッと引っ張られて、
密度の高い円になっていて、これはこれで、デザイン的にポイントになっていいかも。
これで、直径 11.5センチになりました。

実はこの数日、このパターンのモチーフばかり結い結いしていました。
簡単なパターンなので、あまり頭を使わずに、
ただただ、せっせと手を動かしていました。
2段目までのモチーフが、すでに6~7枚できています。
3段目で繋いで、大きなドイリーを作ろうと思うのですが、
ここにきて、ある問題に気付いてしまい…  完成は、まだ先になりそうです



↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。
スポンサーサイト

ローズガーデンで糸を試す

タティング#40ローズガーデン 
『NHKおしゃれ工房 タティングレース(聖光院有彩)』 より、ドイリー「ローズガーデン」

テキストの、基本の作り方説明にも取り上げられている、初心者向けのパターンです。
「ひよこのコーラス」で眉間にシワが寄っちゃったので、
次は気楽に作りたくて、このパターンをチョイス

上の画像は、レース糸40番で作っています。
せっかくだから、ほかの糸だと、どのくらいの大きさになるかなあっと、
70番でも作ってみました。
タティング#40&70ローズガーデン 
左が40番、右が70番。
70番では、期待したほど小さくならないのですが、
触ったカンジが、薄くて繊細です。

では、極細シルク糸では?
(人形用のタティングにいいかと思って、シルク糸を買ってみたんです)
タティング#40&70&極細シルクRG 
大 ⇒ レース糸40番 直径 60ミリ
中 ⇒ レース糸70番 直径 45ミリ
小 ⇒ 極細シルク糸  直径 35ミリ

シルク糸では、とても小さく、薄くなりました。
でも、糸がとても弱いです。
引っ張るとちぎれちゃいます。
それに、結い結いしていて、こすれると、糸がケバだってきます。
シルクのツヤが台無しです。
この糸は、タティング向きではなかったようです。ガッカリ…
編物(クロシェ)で使うことにしましょう。

でも、このシルク糸を結い結いしてみて、
もっと細いレース糸にチャレンジしてもいいかなあ、なんて…
たぶん、レース糸なら、糸割れとかしなくて、
扱いやすいのではないかと…
…初心者なのに、無謀?


次回、このローズガーデンのパターンを大きく育てた(?)ところをアップしようと思います。



↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

この子はだあれ?

望アップ 
こんにちは のんちゃんでちゅ。
恥ずかちいけど、ドアップで登場でち。

この子の正体はなんなのか?
いろいろ考えていただいて、ありがとうございます。
そして、ゴメンナサイ。
最初にお詫びしておきます。
QP、「正解はコレです!」と、断言できるわけではないのです。
ホント、すみません

出品者の方も、1900年代初期の日本製らしい、というほかは、
どこの工房のモノかわからないようでした。

けれど、ヘッドマーク、かなり薄いですが、QPには思い当たるものがあるのです。
望ヘッドマーク 
うっすらとしか見えませんね
コレではどうでしょう?
望ヘッドマークライト 
一番上に数字 〔02〕 もしくは 〔B2〕
真ん中に 〔菱形のマーク〕、その中に 〔文字〕
下に弓形に 〔アルファベット〕 があるようです。

…で、ウチには、コレによく似たマークを持つお人形がいます。ヘッドマークRE NIPPON リプロヘッドマーク
どうです? 『RE Nippon』 リプロのヘッドマークです。
こうしてみると、のんちゃんの菱形の中が『RE』に、
下のアルファベットが『MADE Nippon』 に見えてきませんか?
のんちゃんが身長30センチで、このリプロは18センチの手のひらサイズ。
リプロのほうは、スペースの都合上、『MADE』 が省略されているのかもしれません。

ぽんちゃんアップ 
コレがリプロの子です。絵付けは似てませんね。
(海外の素人の方が作られた、習作のようです。デキとしては、あんまり… ハッキリ言ってよくありません)
でも、モールドはかなり近いと思います。

『RE Nippon』 としては、
あきののはらさんのビスクっ子に着物を着せているコーナーにいる子が、よく似ているのですが…

のんちゃんが、『RE Nippon』 だとしても、
このメーカーは、モリムラやシノダほど数がないようで、あまり見かけません。
工房としても、詳しいことは不明で、
モリムラやシノダと同時期に和製ビスクを作っていた、ぐらいしかわかりません。
以前、このメーカーを検索していたときに、
「ケストナーのヒルダに似ているので、海外では人気がある」
という記述を見かけたのですが、今、捜してみたけれど、見当たりません。
(どなたか、もっと情報をお持ちでしたら、ぜひ、お知らせください)

結局のところ、QPとしては、
「RE Nippon だと思うのだけれど、断言はできない」
ということになってしまうのです。

でも、ビスク好きの皆様の眼力で、
〔日本製〕、〔ヒルダ似〕といっていただけたのは、とても嬉しかったです



身長30センチ
穴あきビスクヘッド ペイト貼り付けモヘアウィッグ
スリープグラスアイ オープンマウス 上歯2本一体型
コンポジション ベビーボディ
首腕足可動

生まれはちょっとわからないけれど…
「この子はだあれ?」 と訊かれたら、
ウチの可愛い、のんちゃんで~す」 …と答えましょう
望ロング 
また来てね!


↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。

スタイ&ボネ完成

タティングレースのエジング付き、ベビーのスタイ&ボネが完成です。
タティング付きスタイ&ボネ 
布地がモアレのように見えるかもしれませんが、
ただのつるつるサテンです。
ひよこのタティングは、意識してピコットを大きめにし、
レースっぽい印象を強くしてみました。
ところどころ、不恰好なピヨコがいますんで、
あんまりジーッと見つめてはいけませんぞ

ボネのクローバー 
これは、リボン付けの部分です。
テキストよりもリボンをお花っぽくし、可愛らしさアップ
お人形用だからできるデコです。
真ん中に四葉のクローバーのボタンをあしらいました。

さ~て、ベビーの登場ですよ。
スタイ&ボネ似合う? 
うふふ  可愛いでしょ? 似合ってます?
この子の名前はね、いろいろ考えた末、『望(のぞみ)』にしました。
愛称 『のんちゃん』 です。
(先々まで広く見渡し、希望の光を持って臨んでいけますように…)

ところで…  ふっふっふっ
アンティークドール好きの皆様、この子の正体がわかりますか?
わかっちゃったら、スンゴイことですよお

次回は、この子にスポットを当てたお話をしたいと思います。


望で~す 
また来てね!


↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。

今、思うこと

QPの住む地域、街中の様子は、相変わらずです。
田舎と言えるこの辺りでは、ふだん、スーパーに行くのも車があたりまえで、
結果的にまとめ買いを常としていたのですが、
ガソリンが乏しいのと、購入数に制限があるものが多いのとで、 
ほぼ毎日、自転車で買い物に走っています。
そして、行ったお店では、
ニュースで報じられているように、常とは異なる有様です。

東北地方あてを中心に、西日本や北海道から、燃料の大量輸送が始まるとか。
関東のガソリン不足も近日中に解消されるでしょうか。
物流が正常になれば、物資が潤って、この不安感もなくなると思うのですが。

関東は、東北、千葉、長野、静岡などを震源地とする揺れを受けて、
毎日、何回かは、震度3前後の揺れを感じています。
今回のことで、地震がコワイ、というのを、
知識や理性ではなく、感覚で受け取るようになりました。

毎日、ユラユラ揺れるわ、物は無いわ、計画停電の備えは必要だわ、なんですが、
…実は、自分が、必要以上に不安感を抱き、思ったよりもストレスを感じている、
ということを、今日、はっきりと自覚しました。

いろいろたいへんな時期なので、
ガマンしなくちゃ、ひかえなくちゃと、今まで張り詰めていたようです。
計画停電もまだまだ続くようですし、
長期戦に備えて、少し気持ちを緩めようと思います。

そういうわけで、少し、早いかな、とも思いますが、
次回から通常のブログ記事をアップしたいと思います。
見てくださった方に、ふっと笑っていただけるような、
明るい気持ちになっていただける内容にできたらいいなと思っています。


0518jpg


次回は、あの子をアップしちゃおうかしら?

東北・関東大地震

11日、大きな地震がありました。
地震直後から停電になり、11日夜中11時半頃、ようやく復旧しました。

QP家は、関東在住ですが、家族、ペット、お人形とも無事です。

電気が復旧してから、各地の被害を知るにつれ、
改めてその大きさに驚いています。

皆様の無事を祈っております。

ちくちくボネ&スタイ

エジングの長さ確認のために、
先にボネとスタイの本体を作りました。
久しぶりの縫い物です。
生地のストックの山を引っ掻き回して、
サテンの生地と、薄い綿ブロードの生地を掘り当てました

さて、とりあえず、こんな風になってます。
ペッカペカのサテンボネ 
テキストの図面は、人間用なので、お人形用にサイズを手直ししました。
このボネの形、被せてみると、シンプルながらなかなか可愛いです
スタイのほうは、単なる縮小では首周りなどがしっくりしないので、
結局、かなりアレンジしてしまいました。

ちなみに、裏側はこんな風です。
小花柄のボネ裏 
ガーゼくらいに薄い平織りの綿で、可愛い小花柄なのですが、
照明が良くないのか、綺麗に撮れませんでした。
こっちの布の方が、赤ちゃんぽくて好きなんだけどなあ…
また撮りなおしてみます

でも、久しぶりのちくちく、手縫い、楽しかったです。
運針のウデも落ちていないようで、よかった、よかった
ただ、手縫い糸が、どうも、今、結い結いしている70番糸と同じに見えて、
やけに太く感じられました。
縫い針も、こんなに太かったっけ? ってカンジです。
QPの視点、ミクロの世界が基準になってきているのかしら

これから、タティングレースを縫い付けます。
はじめての縫い付けなのですが、上手くできるでしょうか。
そして、お手本のように可愛いベビーセットになるでしょうか。
ちょっと…、いや、かなり不安です。


また来てね!



↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。

ひよこのコーラス

新しく来たベビーちゃんに、QP製のお仕度をプラスしてあげたくて、
タティングのエジングのついたベビーセットにチャレンジすることにしました。
モチーフのタイトルは、「ひよこのコーラス」。
テキストの指定は、40番糸ですが、
お人形用には太いので、70番糸でトライ
モチーフの1つめです。
タティングひよこのコーラスキーボード 
ち、小さい

70番で始めてみたら、思った以上に苦戦したので、40番でも作ってみました。
40番、すっごく太く感じるし、結い結いもラクチン 
ひよこのコーラス大きさ比べ 
左のイラストは、テキストのものです。
「ひよこが大きな口を開けてコーラスしている」イメージだそうです。
右上のひよこが、40番糸。
下が70番糸です。
右下に見える水色のものは、エミーグランデで作っています。
糸の太さの違いがおわかりになりますか?

「ひよこのコーラス」
タイトルは可愛らしいのですが、作り方は可愛くないです。
シャトル1つと、玉巻き糸で作っていくのですが、
まるで一筆書きのように繋いでいくので、頭がこんがらがっちゃいました。
この写真を撮ったあとにも結い結いしていたのですが、
リバースワークでひっくり返すと、もう、ナニガナンダカ…

図案を見ないで作れるようになるのは、時間がかかりそうです。

このひよこをどんどん作っていくと、
下のテキストの写真のようになるはずですが…
始めは可愛いと思ったひよこですが、だんだん可愛く見えなくなってきました。
なんとなく、ツリ目になってるし
ひよこのコーラス整列 
しばらく頑張ってみます


また来てね!


↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。

ひなまつり

今日は楽しいひなまつり
二人の娘がいる我家でも、それなりの雛人形を飾っております。
…が、今回は、QPが趣味で買った小さなお雛様をご覧ください。

たまご雛 
有田焼の『たまご雛』です。
いろいろな大きさで作られているようですが、
これは本体高さ 4センチほどの、小さなタイプです。
小さいけれど、空洞にはなっていないので、ほどよい重さがあり、
手に取るとすっぽり納まるカンジが愛しさひとしおです

地元で開かれていた『全国陶器市』(そんな名前だったと思う)で
買い求めておいた品です。

手書きの品という説明を聞いたQP。
陳列品のほかに在庫も見せてもらって、
気に入った一対を選ぶという、いつものように面倒な客を演じてきました。
そのかわり、
「可愛いわあ、ステキ~、良いお雛様ねえ
と、周りにも聞こえるように褒めたたえ、
店主とともに、ニコニコと笑み交わすのは、忘れておりません

福福しい笑みに、おちょぼ口とピンクのほっぺが可愛いお雛様。
見るたび、こちらの頬もゆるみます

タティングのお花モチーフで作ったリースと合わせてみました。
こんな風に飾っているわけではありませんので、画像だけのお楽しみです。
ピンクと黄色のお花で、桃の節句にピッタリの雰囲気になりました。
たまご雛とタティングリース 
あれ? 光の反射で、お内裏様の口元が「への字」に?!
実際は、ちょっとイタズラっぽい口元で笑ってるんですよ。



また来てね!


↓ 拍手いただけると、励みになります。
  コメントもお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。