QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

Pauletta 完成

Pauletta 完成 
『Mary’s DOILIES』 より、「Pauletta」
使用糸 India Zakka Lace #30 COL NO.11濃サックス
使用針 レース針2号
大きさ 直径28センチ
重さ  54グラム

少し前に完成していたのですが、アップが遅くなりました


本の裏表紙に写真が載っているドイリーです。
Sherrie の次に何を編もうかなあっと決めるときに、
裏表紙の写真で、
「うん、パイナップル編みが重なっている模様ね。
 パイナップルの縁取りを引き上げ編みで強調してあるのね。
 わかりやすい(編みやすい)かも。
 編み図を起こさずに挑戦してみましょ♪」
と、甘~く見ていたのですが

みっちみちに詰まった Mary さんのデザイン、やはり只者ではなかったのでした

Pauletta 中心部 
中心部、このあたりまでは問題なく順調。
全体的にも平らに編みあがっていて、「やるじゃん、私」とほくそ笑む

Pauletta 部分 
ところがパイナップルを編んでいってビックリ!
パイナップルの内側のネット編みがみんな微妙に編み方が変えてあったのです。
チェインもね、2目きざみですよ。細かい…

そして、編み進めていくと、丸く平らだったのが、ひらひらとフリル状に波打ち始めます。
ちょっと不安になるのですが、これは Sherrie で経験済み。
この波打ったゆとりの分が、
引き上げ編みをより浮き上がらせるのに一役買っているようです。

さて、編み図なしで挑戦したわけですが、
どうにもわかりにくくて、不安で、図に変換したところがあります。
16段目のあたりと、25段目のあたり。
編みながら本の完成写真と見比べて、同じようにできていれば安心なのですが、
見た目が違うとどうにも不安です。
でも、この方のデザイン、2段下がったところから目を拾ったりするので、
しばらく編まないと写真通りにならないのでやっかいです。

でも、出来上がりは立体的かつ、キレイ
貝殻みたいに弧を描いて浮き上がっているところも、
縁取りが2重に重なって見えるところもお気に入りです
こんなに凝った編み方で複雑なニュアンスを醸し出しているのに、
全体的にすっきり見えるのは、バランスがいいからなのでしょうか。
やっぱり Mary さんはステキだわあ

このドイリー、本ではホワイトの糸を使っていました。
でも、なんとなく湖の波紋のようにも見えて、水色の糸で編んでみました。
静かなさざなみのような広がりが表せたでしょうか。
(毛糸ZAKKAストアーズさんでは、
 8番を水色としているけれど、QPには緑がかって見えます。
 11番の方が水色としてストレートな気がします。
 QPの画像では色味がまちまちですが、
 2番目の画像の少し薄いくらいが実物に近いです)


Pauletta 完成2 


また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。
スポンサーサイト

ご当地B級グルメ

第9回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 に出かけてきました。
「B級グルメ~♪ 好き好き~ うふふ~
気軽に出かけたのですが、
すっっっごい人出でした!!!

ご当地グルメ 
会場には、開始30分後くらいには着いたのですが、すでに長蛇の列!
じきに人気商品は製造が追いつかないのか、「一時販売中止」になったり…。
昼を回ると、売り切れの商品も出てくる盛況振りでした。
また、テーブル席も用意されていましたが、全然足りなくて、みんな立ち食い
QP家では分担して並んで、お目当てのB級グルメをゲットです。
そして、ちょっとずつ味見~

食べ物は上手く写真が撮れなかったので、こちらをご覧ください。→


会場の特設ステージでおもしろかったイベント
宙を舞うピザ 
「アクロバティック ピザ」(?) すみません、こんな名前だったような?
くるくると普通にピザの生地を伸ばすだけでも楽しい光景なところを、
ステージの上で生地をこね、くるくると回しながら伸ばしつつ、音楽に合わせて踊っているのです。
生地を上に放り投げたり、身体を沿わせるように持ち替えたり、新体操みたいです。

アクロバティックピザすごーく大きく伸ばして見せてくれているところ

踊っているお兄さんたちは黒い衣装なのですが、
粉まみれでどんどん白くなっていきます。
伸ばしきった生地は客席に放り投げるので、
ソレをもらおうと、子供たちがステージ前に押し寄せていました。 
でもアレ、もらった後どうするんでしょうねー。
ダンス用の生地は食べられないって言ってましたよー。
受け取った子供は粉まみれでマッシロ、
ソレを見たお母さんたちはマッサオになったのではないかと思うのですが

*********************************************************

《追記》
リーフレットに
ピザアクロバットチャンピオンチーム「RED-JAPAN」とありました。
チャンピオン? 競技会とかがあるのでしょうかね。

*********************************************************

予想外に大きなイベントで、天気も良く、楽しい休日になりました。
B級グルメもおいしかったです~


また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

ドレス作り難航中

ようやくハダカンボさんにドレスを作る時間ができた、
…のですが、
頑張って形になってきた、
…と思ったのですが!

失敗です。

試着させてみたらへんちくりんだったので、
途中で投げ出してしまいました 

でも、お人形だけでも見ていただきたいなあ、とアップしちゃいます

三ツ折れ① 
光量が足りなくてピンボケが続きますが、ご勘弁を。
色味はこの画像が一番近いです。

三ツ折れ②
描き目の女の子です。
身長15センチ、きちんと正座をして手のひらに乗せると、
おにぎりしたくなるような可愛らしさ
前回、画像に載せたように、間接がたくさんあるので、
こんなに小さいのに、ニュアンスのあるポーズができる優等生です。



ドレスは…
サイズ調整が難しいです
ボネも作りかけたのですが、
どうにもブリムが立ち上がってくれなくて投げ出しました。

可愛いこの子にぴったりのドレスを作ってあげたいなあ。
仕切りなおして、またチクチク頑張ります


三ツ折れ③ 


また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

創作ビスクドール展

昨日、田中しずえ先生の創作ビスクドール展に行って来ました。
会場案内はがき 
とても楽しみにしていたビスクドール展です。
夕方になってしまいましたが、初日に行くことができました。

会場内は撮影禁止でしたので、案内はがきの裏側の美人さんを
案内はがきのドール 
でもこの案内状の写真、あんまり鮮明ではありません。
実物は、もっと、ずーっと、ずっと、ステキなのです!

妖艶なムード、色っぽいんだけど媚びてない、
凛とした美しさがあって、ほんとにステキなのです。
よろしかったら、検索していただければ、
もっときれいな画像がご覧いただけるかと思います。

上の美人のお二人は大きめのお人形で、ファッションドールの体型に近い感じです。
でも、オールビスク。
トドラー体型の子もたくさんいて、和系のタイプが多かったかしら。

実は、お目当てのタイプのお人形があって、
そちらに夢中で、じっくりとは見て来なかったんです。
いや、そうじゃなくて…
見たつもりでいたのに、気持ちがお目当ての子に向いてしまっていて、
ほかのお人形の記憶が薄いというか…

そのお目当ての子は、ちっちゃくて可愛い子です。
おチビさん 
ずうっと欲しくて、ようやくお迎えできました。
ハダカンボでウチに来たので、なにか着るものができてから、
ちゃんとご紹介いたします。
すこーし待っててくださいね




おまけ

この日のランチ。
主婦のささやかな贅沢、お外でごはん
生パスタランチうまうま ^0^ 
生パスタのランチセット。
鮭のトマトクリームパスタ、だったかしら。
生麺がウリだけあって、つるつるプリプリの食感で、優しい味付け。
とてもおいしゅうございました



また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

Sherrie 完成

英文パターンのドイリー、Sherrie、完成しました。
シェリー完成 
『Mary’s   DOILIES』 より 「Sherrie」
使用糸 India Zakka Lace #30 色:コーン
使用針 レース針 4号
大きさ  直径30センチ
重さ   53グラム

ぷっ 重さまで書いちゃいました
だってね、重いんですよ。
同じくらいの大きさのほかのドイリーの重さを量ったら、25グラムでした。
倍の重さがありますね。
手に取るとしっかりしてて、
クレープ生地かオムライスの卵焼きを厚くしたもののようです。

色名もコーンで、食べ物ですが、
なんとなく卵焼きというか、カスタードクリームというか、おいしそうなものを連想してしまいます。
優しいイメージの黄色で、画像よりもずっと綺麗な色です。

こっちのほうがいくらか近い色が出ています
裏返しでピン打ち乾燥中の様子です。
シェリー ピン打ち中 

いつも通り裏返しでピン打ち乾燥させていたのですが、
この立体的なドイリーには向かなかったようです。
表に返してみたら、引き上げ編みの畝が少しつぶれていました。
「そろそろ乾いたかなー」なんて、
ペタペタと押すように触っていたのも悪かったのかもしれませんが

で、霧を吹いて、表向きにピン打ちし直してできたたのが、1枚目の画像です。

畝も丁寧に整えなおしましたよ。
シェリー アップ 

う~ん、まんぞく、満足

調子に乗って、同じ本からもう1作、編み始めています。
今度は編み図を起こさずにチャレンジ!        ←ホントに調子にのっちゃってるよ

シェリー 全体 



また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

Sherrie

英文パターンのドイリー、順調に進んでおります。
ただ、編む作業は順調なのですが、どうも形がよくありません。

シェリー11段 
しわしわ…
ここまで、けっこうな勢いで増し目していくんですね。
直径(段数)に対して、円周(目数)が、どう考えても長すぎ(多すぎ)です。
長編みを引っ張るようにして長さを出してみた(当社比)のですが、まだ変

本には、5段目の説明の後、
「この段の後、くしゃくしゃになったかもしれない、
 でも、8段目の減らし目の後、それは解決するだろう」
と記されているようなのですが。
なにぶん、この和訳は、エーゴが苦手なQPが単語をつなげただけのものなので、アテになりません

編み方、目数は間違っていないはず… と繰り返し確認し、
仕上げで形が整えられるのだろうか、
綺麗に畝模様が浮き上がるのだろうか、
と、たまらなく不安です

それでも続けてもう2段
シェリー13段 
ん? なんだか、しわしわが均等に分配されてきた?

さらに変わり松編み(?)も編んでみると…
シェリー20段アップ 
おや? 引き上げ編みの畝も整ってきたみたい。

シェリー20段 
どうして落ち着いてきたのか不思議ですが、
そんなことよりも、しわしわが消えてきたのが単純に嬉しいQP
まだちょっとだぶついてはいますが、
これくらいなら仕上げで修正できそうです。

さあ、残すは、小さなパイナップルを32個、ぐるりと1周です。
ガンバルゾー


また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。

英文パターン

さて、エーゴを睨んでいるだけでは、ちっとも先に進まないので、
出来ることから始めてみることにしました。

りょう☆師匠がナビをつけてくださっている海外フリーパターンのドイリーを編みましたよ。
Crowns Surround 
海外フリーパターン 「Crowns Surround」 編み方はこちらから→(※横長です)
使用糸 Inndia Zakka Lace #30 水色
使用針 レース針 4号
大きさ 13センチ

編みっぱなし、アイロンもかけていませんが、
けっこう形良くまとまってくれているし、ステキなデザインだと思います
大きめマグカップのコースターによさそうです。

このドイリーの編み方、もちろん英文、編み図はありません。
最初、英文の編み方を見て、クラクラしちゃいましたが、
りょう☆さんのナビにすがり、
マーカーペンと、怪しげなQPの編み目記号を駆使し、
なんとか完成しました


英文パターンへの拒否反応が消えたところで、本命に挑戦です。

「Sherrie」

これです
Sherrie
本に掲載の7作品の難易度が皆、同様に高いとわかったからには、
編みたいと思ったものを編むのが一番でしょう


5段目まで編んだところ
シェリー5段目
実は、これ、2回目です。
初め、ここまで編んでみたら、
ゴチッと硬く、また、周囲がフリフリになってしまったので、
全部解いて、ちょっとゆるめに、また、長めの編み目になるように力加減を変えました。

このあたりで、ようやく、英文パターンの言い回しに慣れてきました。
でも、英文だけだと、拾い目の位置などを間違えそうので、
日本式編み図を起こしながら編み進めています。
だいたい3段ほど編み図に直して、実際に編んで間違いが無いことを確かめつつ、
また英文解読に取り組む、というやり方です。

編み図があれば、編むこと自体はコミックを読むような気軽さなのですが、
英文パターンだけだと、QPにとっては、
純文学を文庫本で読むような感覚に近いです。

いま、29段中、18段目まで編み終わりました。
少々不安要素はあるものの、なんとか完成までこぎつけたいと頑張っています


ニーナ on ステージ 
小さなドイリーは、ミニョネットの舞台にもぴったりでした

また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。