QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

びっくりひな祭り2012

お雛様の季節ですね。
今年も『鴻巣びっくりひな祭り』を見に行ってきました。

市役所正面玄関前では、市のキャラクター、ひなちゃんがお出迎えをしています。
びっくり雛玄関 

ひなちゃんの後ろ、斜めに切られた竹の中には、可愛らしい木目込みのお雛様がいます。
かぐや雛 
かぐや雛2 


そして、入り口入ってすぐ、吹き抜けのロビーに日本一のひな壇が!
びっくりひな壇 

圧巻!
市内はもちろん、全国から提供された雛人形、
お顔も衣装も、それぞれ見応えがあり、いつまでも眺めていたくなります。
市役所の会場では、このピラミッドひな壇だけでなく、階段、2階回廊などにも展示があります。
今回は、そのなかから、特に古いお品をピックアップしてご紹介します。

※画像はクリックすると拡大します。
 
 


胡蝶の舞(昭和初期)
胡蝶の舞 



御殿雛(昭和初期頃)
御殿雛 

上の御殿雛 上部アップ
御殿雛 屋根 




御殿雛 嵯峨御所がモデル(昭和初期より30年代)
嵯峨御所モデル 

上の御殿雛 中央部アップ
御殿 嵯峨 部分 

上の御殿雛 中央部左アップ
御殿 嵯峨 部分2 



段飾り(大正時代)
段飾り雛 

上の段飾り雛 部分アップ
段飾り雛 部分アップ 



市役所は、写真を撮るには光量が足りなくて、
ピントがボケボケになってしまって残念。
デジカメのディスプレイで確認したときには、
けっこう良く撮れていると思ったのですが


このあと、駅前のショッピングモールのひな壇も見に行き、
物産展で好物のいがまんじゅうを買って、
うきうきと帰宅したのでした。
いがまんじゅうについては、こちらをご参照ください。 → 




↓ 拍手ありがとうございます。QPの元気の素です。
  コメントもお待ちしております。
スポンサーサイト

スノーフレーク №7

タティングの雪、№7です。

スノーフレーク№7完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№7 Oasis」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 7.0センチ

ぴょこぴょこっと飛び出ているクローバー、こんな形の雪の結晶、あるある!
そして、ちょっと変わっているところが好き! な形です
ただ、このパターン、スプリットリングの数が多いです。
中ほどでぐる~っと一周しているリングの列が、全部スプリットリングです。
こうなると、糸を持ち替えてスプリット編みをするのが面倒…。
持ち替えなし、親指の下で編みつける方法のほうが、慣れると楽です。

ところでこのモチーフ、表紙にも写真が出ているのですが、
その写真と本文とは、ピコの数が違います。
この本は…
表紙の写真、本文の写真、編み図、本文の説明。
これら4つが一致していないことがままあります。
ピコの数の違いだったりは、アレンジの提案かな、とも思うのですが、
中には、
「これはアカンやろ、まちがっとる!」
ということもあり、作り始める前にチェックが必要です。

「誤植があるし、写真と違う」というのは、
ジュエリー工房J・SPACEの気まぐれ日記の風樹さんの指摘で気がつきました。
おかげさまで、スムーズに編み進んでおります



今日は、リアル雪模様。
朝起きたら、すっかり雪景色でした。
花壇のウサギさんも雪をかぶって…
雪かぶりウサギ朝
迷惑そうな顔のウサギさん。


と、思っていたら、どんどんと雪は降り続き、
雪かぶりウサギ昼
周りはすっかり雪に埋まってしまって、
ウサギさんも開き直ってコサック帽(?)で決め込んだようです。




さて、スノーフレークの15作品、先日全て出来上がりました。
作るのは楽しくて夢中で進むのですが、
ブログアップは、タティングよりも気合が必要で…
でも、制作のポイントの記録にもしたいので、
1点ずつ載せていきます。

スノーフレーク№7グリーン 


今日はもうひとつアップしますよー。
いちおう、お人形カテですよー




↓ 拍手ありがとうございます。
  ブログ継続は、日々の生活のハリです。
  応援ありがとうございます。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №6

タティングの雪、№6です。

スノーフレーク№6完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№6 Minaret」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 7.7センチ

うん? 左にヨレテますね
でも、本に載っている写真もちょっと傾いているので、
芯糸の締める向きなどが影響しているんじゃないかと思います。
ただ、これ、なにも仕上げ調整をしてないんです。
このシリーズは全部仕上げ調整なしでアップしちゃってます
この本のパターンはよくできているようで、みんなキレイに平らにおさまるんですよ



部分にズ~ム
スノーフレーク№6部分アップ 
リングがとんとんとん~

№5で、ひっくり返したり、あっちこっち繋げたり忙しかったせいか、
こちらはずいぶん作りやすく、簡単に感じました。
雪の一片らしいデザインで作りやすい、嬉しいパターンですわ


スノーフレーク№6ピンク 

さっ  次いきましょうか、次!




↓ 拍手ありがとうございます。どんどんアップしていきますよ。
  コメントもお待ちしております。

缶カンに魅かれて

来た、きたキタア~ 

メリー ゼリー&キャンディー缶 
Mary´sの新ユニット缶、優しい色合いでカッワイイ
ネットで注文してたんです。

バレンタイン用チョコを検索していて目に付いて、
「欲しい、欲しい、欲しいよ~」になっちゃって、
オットにゴリゴリ押しまくって、買ってもらいました。
(たぶん)ホワイトデーの先渡し分として   ←それにしても早すぎ!

「それでツマがご機嫌になるならいいけど」ということらしいです。
はいはい、もー、ご機嫌ですわよ
にまにましながら、缶をなでくりまわしています。




缶を横から見たりして
メリーゼリー缶ふたライン 
このぷっくり膨らんだふたのラインが良いわ~


外箱にも、ちゃんと同じ模様が印刷されていて可愛かったです。
メリー外箱 
こういうの、捨てられない。
何か使えないかと考えちゃいます。


入れ物に魅かれてのゲットですが、さて、中身は?
ぱっか~ん!!!
メリー OPEN♪ 
おお! 配送時はこんな風になってるのね。

カラフルで楽しい
では、いただきます



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №5

タティングの雪の結晶、№5 です。

スノーフレーク№5完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№5 Radiance」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 7.3センチ

シャトル2個使用。
スプリットリング、モックリングあり。
リバースワークしたり、シャトルを持ち替えたり、いろいろ忙しいパターンでした。

しょっぱなから、中心部のロングピコで失敗したりしたんですが  ここんとこ
スノーフレーク№5中心 
ロングピコの長さがですね、“15ミリ” とあったので、
15ミリ幅のゲージを当ててサクサクとリングを作っちゃったら、長すぎちゃったんです。
どうやら、この場合の “15ミリ” は、ダブルステッチの間を横に15ミリあける、という意味だったみたいです。

なんだかバランスがおかしい、ピコが長すぎるんじゃないか、
と気づいたのが、次の段を作り始めちゃってからでした
一瞬、ひるんだものの、全部解きましたデスヨ。

今使っているリズベスの糸、色が可愛いだけでなく、
スルスルとすべりが良くて、解くのにも苦になりません。 根気はいりますが
毛羽立ちもほとんどなくて、糸割れもしにくいので、
ホントにタティング向きだなあ、と感心しています。


さて、ちょっとカッコつけてアップしておきましょうか。
スノーフレーク№5ピンク 
バランスの良い、ステキなデザイン。
この本の中でも、かなりお気に入りのひとつです



ところで、同じような画像ばっかりが続いておりますが、
みんな少しずつ違っていて、それぞれ可愛いんですよ。
ここらで、集合写真を載せておきますね。

はい、集まって~
スノーフレーク№1~5 
ふっふっふ、こんな感じで15個集まったら…
ひとつひとつのアラなんてわからなく  きっとステキに違いない、と信じてるQPでございます



↓ 拍手ありがとうございます。
  たまに違うネタも入れますので、もう少しタティングの雪におつきあいくださいませ。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №4

タティングのスノーフレーク、パステルカラーで作っているとは言うものの、
サクサクアップしていかないと、季節に置いて行かれてしまいますね。
実は、15種のうち、12種まではできているのです。

とりあえず、今日は、順をおって、№.4です。

スノーフレーク№4完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№4 Circle  Crowns」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 6.2センチ

シャトル2個でぐるりと1周すればできあがりの楽しいパターンです。
可愛らしいクラウンが仲良く並んでいます

クラウンのデザインがステキだったので、エジングに使えるように、
ブレードにしたく、あーでもない、こーでもない、と、いじくってみました。
思うようにはいきませんでしたが、なんとか納まったのがこちら
スノーフレーク№4ブレード 
う~ん、クラウンっぽさが薄れちゃったかしらん?

このブレード、コンパクトにしたくて、金票#70で作ったのに、
あんまり小さくならなくて残念です。Lizbeth #20 と比較
スノーフレーク№4赤 
そろそろDMC#100に挑戦する時がきたのかも



さて、スノーフレークをたくさん作って、どうするか?
1つの額にまとめて入れたら見栄えがするかしら~  なんて、夢見ています

スノーフレーク№4額装? 
ありゃ。なんかヘン
1個だけだし、まだまだカッコ良くないですね。




↓ 拍手ありがとうございます。どんどんアップするよう、がんばります。
  コメントもお待ちしております。

春よ来い***

寒い寒い…
今年の寒さは、特に厳しく感じます。
とはいえ、QPの住む地域は、
そろそろ春の気配が感じられるようになりました。
先日、夜に降った雪も、昼にはすっかり解けてなくなる陽気。


1月、ちょこっと顔を見せたきり、
なかなか伸びなかったスノードロップの花芽。
スノードロップ1月 
日当たりの悪いQP宅の庭の、ほとんど陽の当たらないすみっこに植えられた花。


ようやく、すっくと花芽が伸びました。
スノードロップ2月 


今年の北国の豪雪には驚くばかり。
自然の猛威を前にしては、何一つできない。

でも、たぶん、きっと!
春はそこまで来ています。




↓ 拍手ありがとうございます。ブログ継続のエネルギーです。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №3

№ 3 Sweet Rose です。

このモチーフは3段で構成されていますが、
スプリットリングで次の段に繋げているので、
最後まで糸を切らずに結い上げることができます。

1段目から、2段目の途中
スノーフレーク№3途中 

2段目できあがり。 ここから、またスプリットリングで3段目に繋がります。
スノーフレーク№3 2段 
このままでも可愛いです。
外周のチェインにピコを付けたら、とても華やかになりそうです


糸を切ることなく完成! 糸始末は最後だけ! わんだほー!
スノーフレーク№3完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「Sweet Rose」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 7センチ
あまやかなバラ(?)
満開のイングリッシュローズのように豪華なデザインです


ところで、レースの写真のバックって、何色がいいのでしょう。
やっぱり、黒? ピンクやグリーンはイマイチかしら…

スノーフレーク№3緑 






↓ 拍手ありがとうございます。いただくととても嬉しいです。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №2

№2 Efflorescence のお披露目でーす!
スノーフレーク№2 
『Tatted Snowflakes Collection』 より
使用糸 Lizbeth #20 col.127
タイトルは、白華とか、開花、とかって意味みたいです。
ほんと、ハナビラみたいで可愛いです。
大きさは、長いところで7センチくらい。

このデザイン、3つくっついているピコットの長さを
変えてあるのがポイントですね。
編み図では、ピコットは棒線でしか書かれていないのですが、
微妙に長さを変えてあるんです。
でも、この違いで一気に可愛らしさアップ



ところで、№1で、シャトルを2こ繋がった状態で始めました。
№2も2こ使いです。
でも、№2を作り始めるにあたっては、№1の残り糸がシャトルにいっぱいあります。
シャトルと糸の長さ 
そんな時、QPは、カチカチカチ~と、もう1こ分の糸を解いて作ります。
そこまでしてシャトルを繋げておきたいのか!
…はい、糸始末嫌いなんです。
始末した部分がちょっと太くなっているのもイヤ
なので、なるっべく糸始末が少ないようにしたいんです。

…で、どのくらい解くか、ですが、
スノーフレークのように小さいモチーフなら、目数でざっと計算しちゃいます。

今使っている糸だと、20目のリングを作るのに、
22センチくらい必要だなっとあたりをつけておきます。
で、糸始末やら、ピコット分やらでゆとりを持って…
170センチくらい。

ちなみに、気に入ったモチーフは、また作るときのために、
実際に使われた長さをメモするようにしています。
途中で糸が足りなくなって継ぎ足すのは悲しいですからねー。





このモチーフは、初め見たときからお花みたいだなーと思ったので、
こんなのも作ってみました。
スノーフレーク№2から春模様へ 
使用糸  オリンパス金票 #40 col.102 (ピンク)
      マンセルレース糸 #40 col.520 (黄色)

6枚花弁のところを5枚にしただけですが、綺麗に収まっています。
あえて2種類の色を使って、よりお花っぽくしてみたんですよ。
良い具合に色が分かれて、可愛くできたなーと思います





昨日はバレンタインでしたね。
毎年、プレゼント分よりも自分チョコが断然多いQP。
冷蔵庫の中の山積みのチョコを見てニンマリしています。

みんな幸せなバレンタインになったかなー? 




↓ 拍手ありがとうございます。とても励みになっています。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №1

タティング熱、到来!

またまた、、アーンド! 、 を買っちゃいました!!
スノーフレーク*コレクション 
『Tatted Snowflakes Collection』 By Jon Yusoff

洋書ですよ、洋書!
上の↑ 本のタイトルを打つのに、
アルファベットをひとつずつ確認しているエーゴ嫌いのQPが大胆になったものです。

さらに!
気になっていたリズベスのカラフル糸に、ついに手を出してしまいました。
さらにさらに!
DMCの#100です!
オリンパス金票#70で泣き言を言っていたのに、  …買っちゃった。
だって、あともう少しで送料タダになったんですもん。




この本の雪のモチーフ、行きつけの(爆)タッターさんのブログで拝見して、
可愛らしさに惚れこんじゃったんですよ。
その方が作品に使っていた糸(col.127)も教えていただいて、早々に取り寄せたのです。

早速ゆいゆい準備
スノーフレーク№1 いざ! 
本に掲載の順に、全部作る気満々です。
この本の作り方は、なるべく糸を切らないように、
糸始末が少なくて済むようにと、よく考えられていて、
糸始末が嫌いなQPにとって、好感度マックスです。

シャトル2こ使いですが、どうせなら始まりも糸始末なしで済むように、
繋げたままカチカチ巻きました。

ところで、シャトル1つに、何メートルの糸が巻けると思いますか?

答え : #40の場合、約10メートル

Lizbeth#20は、金票#40とほとんど同じ太さなので、10メートル巻けます。
10メートル巻くと、小気味良かったカチカチという音が鈍くなってきます。
ただし、無理をすれば12メートルはイケます。
が、カチカチ言わなくなり、シャトルから糸がはみ出します。
そして、ポロリと取り落とすと、くるくると糸がほどけてしまう状態です。
これは、時にはシャトルが壊れてしまうこともあるそうなので、
オススメできません。   QPはやっちゃうけど



さて、№1 Alladinです。
スノーフレーク№1完成 
かっわいい~
雪の結晶がモチーフなのですが、このパステルカラーが好き
長いところで、直径6.3センチほどです。


実は、すでに№6まで完成しています。
全部で15種。
順次アップ予定。
最後までやりとげられるか?
応援よろしくお願いいたします


スノーフレーク№1台紙は何がいいかな? 






↓ 拍手ありがとうございます。すっごく励みになります。
  コメントもお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。