QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

にょろ~ん♪ぐるみ

にょろにょろ~ん

くんくん、きみは だあれ?

くんくん?傘のグリップカバー 


お話しよう
コッチが おくちかな?
なんだか トンネルみたいだけど…

おくち?傘のグリップカバー 







待って、待って~
それ、ボクの帽子だよお~

ええ?!
きみは カサくん!
帽子って?



……わあ
ぴったり!!!

おんなじ!傘のグリップカバー 




仲良し*傘のグリップカバー 

すてきな お帽子だね
ぴったり ちょうど  気持ちいい
ボクも 仲良く ぴったんこ






*************************************************************





カサのグリップカバーを編みました。
使った糸は、India Zakka Lace #30 です。
編み方は、 『RYOのレース手帳』 の
傘の柄のグリップカバーの作り方 ~ ビニール傘用」をアレンジしました。
りょう☆さん、丁寧な編み方の説明、ありがとうございました。




↓ 拍手ありがとうございます。ブログアップの力のもとになってます。
  コメントもお待ちしてます。 
スポンサーサイト

タティングネックレス

ビーズキラキラのネックレスをタティングで作りました。

タティングネックレス 
参考本   『優雅なタティングレース』 藤重すみ 著
使用糸    Zakka Lace #40 色番411
使用ビーズ  MIYUKI DBC-101 & DBC-115
長さ      51センチ(金具部分含まず) 
         本の通りだと41センチ。長めにアレンジしました。

ちょっとピンボケですね。
どアップにしてみます

タティングネックレスズームアップ 
シンプルなパールタティングの技法でできています。
でも、本の通りの色の組み合わせで、
ボリューム控えめながらキラキラ、とっても素敵なネックレスになりました
レース糸の色やビーズを変えれば、いろいろと違うイメージにアレンジできそうです。

ビーズの使い方もすごくシンプルなので、せっせせっせと1日で作り上げ、
翌日にはコレを着けてお出かけできました




QPの写真のウデではあまり綺麗に撮れなかったけど、
カットタイプのビーズなので、光をはじいてキラッキラに輝いてくれるんですよ。
タティングネックレスきらきら 
キラキラ強調のあまり、白とび気味です
バックのニットは、実際は黒なんです。


さて、コレをQPが着けるとどんな風になるか!


キョーフの着画です!!!







タティングネックレス着画 
わはは~
色がちゃんと出ていませんが、黒のタートルネックシャツと、こげ茶のジャケットを合わせています。
ぎりっぎり、首のしわとたるみが写らないように、
だだっぴろい横幅もばれないようにトリミングしました
ネックレスは、QPの狙い通りの長さに出来上がったと思います



↓ 拍手ありがとうございます。
  日々の励みになっております。
  コメント大歓迎! お待ちしております。

スイーツな幸せ

スイーツのストラップゲットです

スイーツストラップ 


なにやら、有名店のスイーツらしいですが、そんなことはどうでもいい QPにはわかりません
有名店のスイーツ? 
8種あるうちの4種を選んで来ました。

可愛い
美味しそー
んふふ~  幸せ気分


紅茶の景品 
紅茶の景品になってました。
コンビニでゲットです。

このての景品って、
この商品なら必ず付いているとか、このコンビニチェーンなら付いてるとか、
統一されてないようなのですが、どうしてかしら?
ううう~む


  
  ************************************************************


なにやら、ひそひそ話が聞こえてきました。


「ねえねえ、美味しそうよ」
「4個もあるわ」
「私はこれとコレにする!」
「じゃ、私はこっちとコッチね!」




すみれちゃんとひなちゃんが! 

待て待て待て~!
ソレはQP母さんの幸せのスイーツよおぉ~



「ええ~、4個とも全部~?! 欲張りいいぃーー」
「QPかあさん、どんどんブタさんになっちゃうよお!」
えっと、ソレ食べられないよ? 

いや、それ、食べられないから




↓ うれしい、うれしい、拍手ぽち。ブログアップの励みです。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №9

タティングの雪、とばしていた№9です。

スノーフレーク№9完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№9 Astral」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 7.6センチ

つんつんとんがった部分がいかにも雪っぽいです。
作り方、ホンのちょっとアレンジしました。
ホントにホンのちょっと。
結び目のエッジが好きなので、なるべく表向きにしました。

このパターンは作りやすくて、糸の使い方が大量生産向きだったので…

こんなの作ってみました!
スノーフレーク№9でドイリー 
使用糸  オリンパス金票 #70 
大きさ  長いところで 14.0センチ
      ひとつのモチーフは 5.5センチ
 
どうどう? きれい?
ちょっとモチーフとモチーフの間があきすぎたかしら。
でも、細い糸で作ったので、薄くて繊細で、
「わあ~ レースだわあ」という感じになりましたよ

アップにしてみるとこんな感じです。
スノーフレーク№9 ドイリーアップ 
ぷぷ、小さいとアラも見えなくてラッキー
#70の扱いはマスターした気がしますよー




№6から10まで集合~!
スノーフレーク№6~9 
これで15種のうち、№10までアップできました。
あと、5枚。
もう少しですので、最後までお付き合いくださいませ




↓ 拍手ありがとうございます。
     ブログやっていて良かったなあ、と涙ぐむ(笑)QPです。
   コメントもお待ちしております。お気軽にお寄せくださいませ(^^)

モックリング

モックリング
見せかけのリング
MOCK RING
SCMR
Self closing mock ring
Ring on ring
Fake ring = フェイクリング  (※2012.3.15  追記)

いろいろな表記を目にしますが、全部、
チェイン(ブリッジ)を 芯糸で繋いで作るリングを示しています。
もしくは、その技法のことを指すようですね。

日本のタティングの本で、モックリングについて触れているものはごく少ないようですね。
おかげで、QPはモックリングという名前さえ知らなかった頃、
困って困って、迷走してしまったことがありました。 

今も、もしかするとモックリングの作り方がわからない、
以前のQPのようにお困りの方がいらっしゃるかもしれない、
という方の参考になればと、
作り方の説明を載せることにしました。



一番シンプルなリングの作り方から
 
レギュラーリングとモックリング  左が一般的なリングで、右がモックリングです。
こうしてみると、何が違うの? って思いますよね。

こちらがそれぞれのリングを閉じる前
レギュラーリングとモックリング 閉じる前  左は芯糸が始めから輪になっていますが、右はチェインになっています。
この画像の状態でそれぞれシャトルの糸を引っ張ると、
最初の画像のようにリングになります。
モックリングは、
チェインから出ている芯糸の輪にシャトルの糸を通してくっつけることによって、
リングになるのです。

モックリングになるまで
モックリングを閉じる 
シャトルの糸を引っ張ると輪は小さくなり、チェインが丸くなっていきます。
※シャトル側の糸は画像に収める都合上、巻き取ってあります。

どんどん引っ張ると
モックリングを閉じるその2 
どんどん丸くなって、一番最初の画像のように、
一般的なリングと、見た目、変わらなくなります。
糸は、わりとスルスル引っ張れますよ。



さて、
モックリングの仕組みは、芯糸を使ってチェインの端と端をくっつけてリングにする
ですが、
上の説明のように、モチーフのスタートでモックリングが出てくるものでもないですよね。
次は、
編んでいる途中でモックリングを作る場合です。

モチーフの途中でモックリングを作るところに差し掛かったと仮定してください。
チェイン5目の後に10目のモックリング、チェイン3目を作ります。

チェイン5目、さらにチェイン10目を作ったところ
チェイン5、チェイン10 
→(矢印)黒のように、芯糸をビローンと残しておきます。
このとき、→赤の部分はきちんとついているよう、気をつけましょう。
ゆるんで隙間があると、ピコを作ったみたいになってしまいますよ。

チェイン5、チェイン10、その2 
残しておいた芯糸にシャトルを通します。
※画像に収める都合上、糸はシャトルに巻き取ってあります。

チェイン5、チェイン10、その3 
芯糸を締めて、リングを作ります。

チェイン5、チェイン10、その4 
モックリングができました。

チェイン5、チェイン10、その5 
チェイン3目を作り、モチーフ作りを続けます。




次に、ちょっとイレギュラーなケースの説明をします。

このような出来上がりになる編み図の場合
イレギュラーモックリング 
ピンクとグリーンの矢印、番号順に作業を進め、
黒の矢印の部分でモックリングを使う場合。
この場合は、芯糸をビローンと残しておくことができません。
グリーンのリングを作った後では、残した芯糸を引き締めることができないからです。

シャトルを通す輪が残しておけない。

では、どうするか。

始めから順に作ってみましょう。

イレギュラーモックリングその2 
モックリングとして繋ぐ位置の芯糸に、ゼムクリップなどをつけておきます。
あっ 左上のごちゃごちゃした部分は見なかったことにしてください。
説明には不要な部分です

イレギュラーモックリングその3 
リバースワークして、グリーンのリングの半分まで編み、
ゼムクリップをはずし、
ゼムクリップがついていた芯糸を、ごく小さなピコと考え
かぎ針でグリーンのリング用の糸を引っ張り出します。

イレギュラーモックリングその4 
引っ張り出した糸の輪に、シャトルを通します。
リングを作りながらピコに繋ぐのと同じです。

イレギュラーモックリングその5 
ピコつなぎと同じように引き締め、
さらにリングの残りの目を作ります。

イレギュラーモックリングその6 
グリーンのリングを引き締めました。
表に返して、さらにチェインを作れば、始めと同じようにできています。



ところで、QP、このイレギュラーな方法のほうを先に覚えてしまったので、
これまで作ったモックリングは全部この方法でやってしまったのでしたきゃあああ~

で、普通のモックリングとイレギュラーでは、見た目、どのくらい違うのか。
モックリングの見比べ 
雪だるまのようにリングが2段重なっている部分。
リング オン リング とも言われているようです。
その、下のほうのリングがモックリングです。
左は、普通の作り方。右はイレギュラータイプです。
右のほうはちょっと芯糸が見えちゃってます。
でも、ま、このくらいなら、どっちの方法を使っててもイイヨ、  …ね?




モックリングを知らずに迷走したモチーフ。
作り直しました。
左が以前のもの。右がイレギュラーモックリング(←そんな名前はない)で作り直したものです。
花園2点 
チェインがクキッと綺麗に折れるようになりましたよ~



2012.3.15 追記
          海外の方のですが、動画をみつけました。
          Self closing mock ring  で検索してみてください。 
          YouTube にいくつかヒットします。




↓ 拍手いただけると、とっても励みになります。
  コメントもお待ちしております。
  
  QP、一人手芸部のかけだしタッターです。
  なにかお気づきのこと、違っている点などがありましたら、
  ぜひ!お知らせくださいませ。

スノーフレーク №10

タティングの雪、 №10です。
(№9は、ワケありでとばしています)

スノーフレーク№10完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№10 Spring  Blossom」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 8.7センチ

華やかなデザイン
段の中盤、リングが4つずつ並んでいるところが好きです。
最終段のクローバー部分も華やかさを際立たせているように思います。

スノーフレーク№10ピンク 
いつもながら、バランスの良い密度具合が好きです。


タイトルの 「Spring Blossom」 に沿って、こんな色でも作ってみました。
スノーフレーク№10春爛漫 
使用糸 マンセルレース糸 #40 col.520 イエロー
      オリンパス金票   #40 col.102 ピンク
      ごしょう産業Zakka Lace #40 col.413 インクベリー
大きさ 長いところで 8.7センチ   リズベスの#20と同じ大きさになりました

このモチーフは2段でできていて、糸を繋げたまま段を上がることはできません。
なので、3色使いにして、大輪の花のように
1種類の糸で仕上げるよりも、ステキな表情のでるパターンでしたよ



2つ並べて
スノーフレーク№10 2点 
こればっかりは、3色使いのほうが映えるわ~




↓ 拍手ありがとうございます。とっても励みになってます。
  コメントもお待ちしております。

スノーフレーク №8

タティングの雪、№8です。

スノーフレーク№8完成 
『Tatted Snowflakes Collection』 より  「№8 Floret」
使用糸  Lizbeth #20 col.127
大きさ  長いところで 4.5センチ

本の中で、一番小さいモチーフです。
シンプル。  シンプルすぎる
でも、作りにくかった!
QPの苦手な、長ーいチェインがあるのです。
どこがチェインなのよ! と思われるかも知れませんが、
中心のお花がモックリングでできてるのです。
つまり、チェイン
ハナビラを同じ大きさにそろえるのに、芯糸の引き具合に悩みました。

モックリングについては、日本のタティングの本ではあまり見かけないです。
(QPが知らないだけ?)
説明が載っているのも、手元にある本では、1冊だけです。
以前、モックリングの技法を知らずに、
ピコつなぎと混乱して迷走してしまったことがありました。

そのときの記事はこちら → 
この記事をよくよくたどっていくと、
正しいモックリングの作り方もわかりますよ

もしかしてあの時のQPのようにモックリングがわからなくて困っている方、
これからタティングを始めようとしている方の参考になるよう、
画像入りでモックリングの説明を載せようかな、
などと思っていたのですが、
………もういらないかな? 




関東近郊、QPの住む地域、雨だったのが今朝はいっとき、雪になったようです。
でも、さすがに春の気配が迫ってきています。
このモチーフは雪、作ってから時間がたっちゃったし、ちょっとアップしにくい。
サクサク先に進まなくっちゃ、です
スノーフレーク№8パープル 





↓ 拍手ありがとうございます。QP、雪のモチーフ、粘ります。
  コメントもお待ちしております。