QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

ラクして作ろう♪

赤のサンプラー☆SR 
『タティングレースのアクセサリーとこもの』(ブティック社)より

今回はスプリットリングを使った2点、青丸で囲んだモチーフについてです。

まずは左側の、4枚花弁のお花が4つ付いているようなモチーフ
本では、ブレスレットの作り方として書いてあるので、
編み図もスプリットリングが多くて、リバースワークも必要。
なんだか、難しそうな印象の編み図に見えます。
でも、これをモチーフとして作るだけなら、編み図通りの手順にする必要はなく、
ちょっと手抜きすることができます

QPはこんな手順で済ませてしまいました。
タティング SRモチーフ手順 
大雑把な説明ですが、4枚花弁のお花を、時計回りにつなげています。
青い矢印は普通のリング、黄色の矢印はスプリットリングで、
緑色の番号順に作っています。
※書き忘れましたが、1と4の花はピコつなぎします。

この手順なら、ピコも全部、表向きになりますよ。


同様に、お花のサークルもスプリットリングでつないで輪にしているのですが、
本に書いてある手順は、2色の糸で作る場合なので、
QPのように1色で作る場合は、ちょっとだけ手抜きできます。
お花のサークル手順 
最初と最後のお花の分だけですが、
スプリットリングの作業を2回分だけ減らせます。

実はこのお花、隣の花びらとピコつなぎをしているのですが、
これがスプリットリングをやりながらだと、すっごく、やりにくいのです。
(慣れていないということもありますけど)
だから、出来上がりが同じなら、ラクできるところは手抜きしてしまいましょう

シンプルなお花のサークル。
まるで、幼い子が輪になって踊っているような可愛らしいモチーフですが、
なかなかに扱いづらい部分のあるモチーフでした
タティング お花のサークル 
蛇足ながら…
今回のサンプラーシリーズは、カッチリさせるために、試験的に芯糸をきつく締めています。
自分的には締め過ぎ、と思っていますので、出来上がりの参考にはしないでね(^^);



↓ 拍手ありがとうございます。
  テンプレートはしばらくアルパカさんでいきます。
  (ほかのテンプレートも検討しているのですが、カスタマイズが上手くいかないんです
  コメントお待ちしております(^0^)
スポンサーサイト

ハートちゃん

赤のタティングフレーム 
『タティングレースのアクセサリーとこもの』(ブティック社)より

青丸で囲んだハートちゃん、遠目に見ると、とってもラブリー

ところがですね、アップでみると、印象が違ってしまいます。

いいですか?

どーんと、いきますよ。


どおおーーん!!
ゴチッとしたハート 

ね? ごちごちっとしてますでしょう?
リングとチェインが、ごく少ない目数で構成されているせいだと思うのですが。
ちなみに、QPは勝手に始まりの位置を下のほうのクローバーにしてしまいました。
上部の双葉のあたりを線対称に進めたかったのですが、
狙ったようには形良くはできませんでした。

今回、このサンプラーは全て、オリンパス金票#40で作ったので、
本通りの作り方で、糸も指定のダルマレース糸「#30葵」だと、
どんなカンジなのか、やってみました。
(諸事情により、カラーはオフホワイトです。見づらくてすみません)

ユイユイしながら、ふと、気づいたことがあります。
どうも無意識にやっていたのですが、
それは、結び目のエッジのねじれを修正していた、ということです。

エッジのねじれ
それはリングの付け根部分にできやすいです。
エッジのねじれ 
テキストの拡大写真をガン見してみても、
このあたりはそのままに載っているのですが、QPは気になる

で、裏側からツメでクイクイッと押して、エッジをリングの外側に揃えているのです。
こんな風に
エッジのねじれの修正 

そんなに大きな変化はないのですが、
リングのドーナツの幅が一定になると、ちょっと整った印象になるような気がします。
修正済みのハートちゃん 
なんとなく平たく見えて、可愛くなるような?
でも、たいした差ではないですね。
小さいモチーフなので、遠目に見たら、ぜんぜんわからないですし


このモチーフは、ユイユイした自然のままですと横長のハートの形になります。
でも、リングとチェインのラインは、けっこう自由に変えられるので、
QPはちょいっと縦に伸ばしちゃいました
ただ、縦に伸ばしても、本のお手本より横幅が広いです。
この本では、他のモチーフにも言えるのですが、
QPが作ると、本のお手本よりも大きくなってしまいます。
どうも、QPの普段の力加減より、芯糸を強く締めて作っているようなのです。
リングも、チェインも、ちょっと強めに引っ張って、カッチリと仕上げる。
アクセサリーやこもの使いには、その方がいいのかもしれませんね。



PS. 今まで使っていたテンプレートが公開を終了してしまいました。
    とっても気に入っていたのですが。
    とりあえずアルパカさんに変えておきましたが、検討中です。
    う~ん、こういうのいじるの苦手なのに~




↓ 拍手ありがとうございます。
  このサンプラーからのピックアップは、数を絞る予定です。
  次はお手手をつないで輪になった小花のモチーフにしようかと思います。
  コメントお待ちしております(^^)

赤のタティングサンプラー

でっきました~

タティングレースのアクセサリーとこもの』(ブティック社)
3ページの隅に載っている額縁入りのモチーフ。

紅白のめでたさ(?)と可愛らしさに萌え心をいたく刺激され、
次から次へとモチーフを作っちゃいました。

勢い込んで額にセット
赤のタティングサンプラー 
全部で23種
オリンパス金票40番で作りました。
仕上げのピン打ちやアイロンはしていません。
こんな小さなモチーフではメンドウクサクテ…。
ユイユイが終わって、糸始末をしたら、本の間に挟んでオシマイ!
多少波打っていても、お猪口でも、これでみんなマッタイラになりましたよ

入れているのは100円ショップのA4サイズのフレームです。
本と同じにしたかったのですが、
QPの行った100円ショップでは、ちょうどいい真四角の額がなくてちょっと残念。

写真撮影のため、この画像ではまだ表面のカバーは被せていません。
白い布の下には、キルト芯を挟んでふっくら厚みをもたせ
布に固定しなくても、カバーをすればずれたりしないようにしました。

1~2段でできる小さなモチーフがほとんどなので、すぐにできるのですが、
それぞれにバランス良く作るのは気を使いました。
また、この方のデザインは飾りピコが小さめなので、
ピロピロと大きなピコを作るクセのあるQPは、
かなり気をつけてユイユイしなければいけませんでした。

出来上がりを見るとシンプルなのに、意外と手こずったり、
最後のつなぎ部分で苦労したり…。
次回から、そんなお話を少しだけしてみたいと思っています。



↓ 拍手ありがとうございます。
  皆さんの拍手がホントに嬉しいです。
  完成して、ウチの者にこの額を見せたら、「ヒマなんだね」 と
  コメントもお待ちしております!

手乗りバイローベビー

オールビスクの、手乗りサイズのベビードール。
大好きなのです。
バイロータイプもお迎えしたかったのですが
なかなかご縁が無く、でも、いつかは! と思っていたところ、

ナント!!!

Le Square ル・スクワール』 のjoujouさんから、
バイローのリプロを養子に下さるとのお話が!

嬉しいーーー!


そしてまもなく、こんな可愛い子がやってきました。
バイローちゃんキター  パンダのお洋服が赤ちゃんっぽくて可愛い
バイローはガッチュ系のお顔なのもあって、
ビスクドール好きの間でも好き嫌いが分かれるところですが、
この子は女の子顔で優しい表情ですねー。
ウィッグやクロッシェドレスでイメチェンも楽しそう、と夢は広がります。

赤子はハダカンボもたまんないのよねー
ハダカンボも可愛いバイローちゃん  ハダカンボにしておいてナンですが、心許なさそうだったので、
ウチのクマさんに抱っこしてもらって記念撮影しました。
絵本やオモチャ、ここには写っていませんが、フェルト羊毛のパンダさんも連れてきたのですよ。
ビスクドールのシールは、もったいなくて使えそうにありません。

他に手芸材料などもいただいてしまいました。
センスの良いお品物 

バイローちゃんをはじめ、こんなにステキなプレゼントをいただいてしまって、どうしましょう。

QPにできるお礼は…  編み物しかないわ!

ということで、セッセセッセと編んで、 カラダで  労働でお返しをしました。
(うう、でも、ちまちましたものばかり贈ってしまって申し訳ない

 ※ 9/16追記 joujouさんがQPのレース編みをブログで紹介してくださいました → コチラ
 




あーちゃんも妹ができて嬉しそうですよ。
あーちゃんと手乗りバイローちゃん  ふふふ…
なんだか、ムスメたちが小さかった頃を思い出すわ。
可愛かったなあ…  トオイメ…




↓  拍手ありがとうございます。
   今回、途中まで書いた記事が消滅するというアクシデントがありましたort
   下書き保存も、出だし部分しか残っていなかったことにかなり凹んでしまいました。
   コメントお待ちしております(^^)

ガラスの花園

以前、トンボ玉のことを書きましたが、またまたポチッとしちゃいました~
そのときの記事はコチラ → 

前回は、はやる心のままに包装を解いてしまったので、
今回は落ち着いて写真を撮りながら…
とんぼ玉キタ~♪ 
ラッピングまでステキ
可愛いカードも添えられています。

大切に包まれて 
丁寧に包まれていた布を広げると、そこは砂糖菓子の優しい世界
思わず小さく「きゃあ~」と声を上げるQP。
オバサンのはしゃぐ姿は、他人には見せられませんねー

アップにしますよお
お花ぎっしりのとんぼ玉 
もう~! こんな小さな玉の中に、可愛らしいお花がぎっしり!!

そして、すごい繊細な創りなのです。
ガラスでできたシベ 
このお花の中心のシベ!
線状のものあり、この画像のようにヒラヒラのものあり、その繊細さにため息が出ます。

作られたのは、『Canary Glass』さんです。
小さなとんぼ玉の中に、繊細で美しい花々を咲かせていらっしゃいます。
先日までネットショップを開かれていました。

ショップを何度も訪れ、どれもステキで迷っているうちにどんどんsoldout になっていく。
身に付けやすい色合いの玉にしようか、見ていて一番幸せな気分をくれる玉にしようか、
迷った末に、甘すぎるかな、と思ったけど、
一番魅かれた『砂糖菓子のブーケ』と名付けられた作品をポチ。
ウチのパソコンで見たShop画像はとても明るい色合いでしたが、
手に取ってみると、思っていたよりも落ち着いた色合いで、
これなら私が身に付けても怒られないで済みそう? (←誰にだ?)

QPの大好きなもの、宝物がまた1つ増えました
とんぼ玉キレイ~ 
カナリィさん、素晴らしい作品をありがとうございました



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントもお待ちしております。

羽の交換

換羽』と書いて、「とや」と読む。

ポッキーを飼い始めて、初めて知った言葉です。
ウチのパソコンでは変換してくれません。
インコさんは、春や秋にまとまって羽が抜け変わる時期があるそうです。

で、ポッキーくん、生まれて初めての換羽の時期を迎えています。
ヒナの羽から大人への脱皮? うふ

これがカゴの底にたまった1日分の抜けた羽
初めての換羽 
実際には、放鳥の時に、羽は部屋に散らかってますし、
カゴの周囲に飛び散ってしまった羽もあります。
もっといっきにごっそり抜ける鳥さんもいるようです。

こんなしっかりした羽も抜けてました。
ポッキーの尾羽 たぶん… 
黄色いし、たぶん尾羽のひとつではないかしら。
こういうのを見ると、ちょっと取っておきたくなります

新しい羽は、始め、筒状のものに包まれていて、サボテンのトゲトゲみたいです。

トゲトゲの生えたツンツン頭。
ポッキーのつんつん頭 
頭にツンツンしたものが生えているのが見えますか?

むんずと掴まれて、観念の表情してますね。
こうしてみるとと大人しいのですが、換羽の時期は体力を消耗して疲れているし、
皮膚がムズムズするのか、イライラして怒りっぽいので要注意だそうです。
このごろ、ポッキーも「キキッ」と怒って、きつく噛んできたりします。
けっこう痛いのですが、血を見るほどではありません
長年、犬を飼っているウチの者は、このくらいではへこたれません。
が、心は凹みませんが、噛まれた指は凹みます(一時的にですが)。

最近、カメラを向けると突進してきてカメラにじゃれるので、
捕まえていないと、写真が撮れなくなっています。
遠くでこっそりカメラを構えても、それに気が付くと、バババッと飛んできて、
レンズをつついたり舐めたりするんですよ。
ひぃ~ カンベンして欲しいです~~

さて、むんずと掴まれて、強制的に撮影会をさせられたポッキーくん、
カゴに戻されて、ほっと一息。
ぼわっとポッキー
あー ヒドイメにあった!」 ブルルン!

これこれ、イケメンが台無しよ




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントもお待ちしております。

新刊タティング本

新しく出た可愛らしいタティングの本を買いました。
タティングレースのアクセサリーとこもの
『タティングレースのアクセサリーとこもの』(ブティック社)

3~6センチくらいの小さなモチーフが中心です。
コースターサイズの作品もありますが、
ドイリーとして大きくても、15センチくらいまでです。
モチーフを繋いで作るネックレスやドイリーも紹介されています。

使われている糸は、ダルマレース糸の#30と#40

デザインは、全体的に可愛い感じです。
子どもっぽい可愛さではなく、女性らしい可愛らしさを感じます。
ちょっと乙女なカンジ? キャ

飾りのピコが小さめで少なめで、今のファッションに溶け込みやすい気がします。


全部で38種類ある中から、
簡単に作れそうで(←ココ大事)、気になるモチーフを作ってみました。
ぺったんこ?もこもこお花 
№21 「もこもこお花」というタイトルの小さなモチーフです。

最初に作ったのは、左側。オリンパス金票#40です。
段染め糸なのですが、色の出具合があまりよくなかったので、
右側、ダルマレース糸#40紫野でも作ってみました。
カラー№14のすみれ色、ステキ~

ただね、なんか、う~ん…
もこもこお花」というタイトルなのに、ぺったんこなのです。
周囲の小さなリングとピコが密集している部分が「もこもこ」だと思うのですが、
「もこもこ」というほど立体感はない?
これはこれで可愛いけれど…、はて?

本に掲載のお手本をしばしガン見

小さいリングのつなぎのピコは、普通の大きさのピコみたい。

QPは、このモチーフのつなぎのピコを、すべて極小で作っていたのです。

作り直し、作り直し!

作り直し☆もこもこお花 
左下はぺったんこバージョン。右下と奥は、普通サイズのピコで作ったものです。
少しはもこもこした?

この角度から見たらどうかしら?
もこもこしてる?お花 
少しは立体的に見えますか?
つなぎのピコを大きくしたことによってできるダブツキ
もこもこ感を演出しているのかもしれません。

この本では、つなぎのピコの大きさの指定がないので、
お手本を良く見て判断する必要があるようです。
(ピコの大きさの指定がある本の方が珍しいですが)
このモチーフの場合、中心のリングのつなぎのピコは極小で、
周囲の小さいリングのつなぎのピコは、
シャトルの角で糸がすくえるくらいの大きさ
がいいようです。
でも、極小ピコでぴたっとつないで作ったモチーフも、
ピシッと決まっててQPは好きですけどね



このモチーフ、糸玉につなげておく必要もなく、
シャトル1個で気軽に作り始められます。
出来上がりサイズは、#30で直径約2.8センチとあったのですが、
QPが作ったら、
同じメーカーの#40でも、同じくらいの大きさになってしまいました。
ピコの大きさを考慮しても、あんまりサイズは変わらないのです。
芯糸はかなりギリギリ引っ張って締めたのですけどね。

アクセサリーなど、小物を作るときは、意識してきつめに結んだ方が、
カッチリして型崩れがなくていいですよね。

もう1つ、№7「ひし形(a)」も、カッチリと引き締めて作ってみましたよ。
萌える額装モチーフ 
本の最初のページに乗っけて写真を撮りました。
なんだか、ページに溶け込んでますね。
こげ茶のひし形と、すみれ色のもこもこお花がQPが作ったものです。
この2点のモチーフはピアスとして仕上げて紹介されていました。
かなーり! 可愛いですよ

ところで、右に写っている、モチーフたちの額装、
刺繍のサンプラーみたいで、ナンカ…、 萌えましたーーー!

作る! 絶対コレ作るぞと、 萌え 燃えています



↓ 拍手ありがとうございます。
  まだまだ暑いですね。
  でも、秋の気配も少しずつ感じるようになってきました。
  コメントお待ちしております。お気軽にどうぞ(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。