QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

白いよ~☆シャリファ・アスマ

ネットショップで注文していたバラの苗が届きました。
そして、咲き終わりました。

「…終わりました。」 です。すみません
ちょっと忙しくてブログ更新をサボっているうちに、終わってしまいましたデス。



鉢苗を注文し、届いた時は小さな蕾が数個付いていました。
とっても楽しみにしていたのです、が!
その後の悪天候に合い、咲いたのは2個だけになってしまいました

残った蕾のうちのひとつ
シャリフアスマ2012秋A 
この、ほころびかけた蕾というのは、なんとも風情があって好きですわ。
中心部がピンク色していて愛らしい
開いたときを想像して、期待が高まります。

開きました!
シャリフアスマ2012秋B 
でも…、なんか…、あれ? 白っぽいよ?
カタログでは、ピンク色って書いてあったのですよ。

もうひとつの蕾のほうも
シャリフアスマ2012秋C 
開いてみたら、もっと白かった
撮影のウデの悪さのせいではないのですよ~


付いてきたラベル
シャリフアスマ2012ラベル 
ね、こんな色のハズなのです。
うーん、今年の夏は暑かったから…
でも、ウチのミニバラたちは秋の方が色が濃いのだけどなー

春の開花に期待しましょう
きっと可愛いピンク色の花を咲かせてくれるはず!
あ、香りは爽やかさがあってとても好みでした




QPのオサボリ中も見に来てくださった皆様、ごめんなさい
そしてありがとうございます。
手仕事はちょこちょこと続けていましたので、
作りかけのアレもコレもソレも完成しております。
ぼちぼちとアップしてまいりますので、 見捨てないでね~~~



↓ 拍手ありがとうございます。
  おー、頑張るゾー って、元気の源でございます
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

ちいさなてしごと★タティングレースモチーフ集4

『ちいさなてしごと』シリーズ
「タティングレースモチーフ集・4」 を作ってみました。

ちいさなてしごと★モチーフ集4 
こちらの3モチーフ、すべてモックリングが使われています。
凝ったデザインなのに、どれも1周で完成します。
モックリングのなせるワザですね。

説明書には、どれも、レース糸#40で作った場合の
実物大サイズの写真が載っているので、
糸の引き具合など、力加減がわかって安心です。 

こちらの商品は、材料や道具はセットされていません。
なので、糸は、少し前に作ったこのシリーズの#40糸が余っていたので、
まずはそれを使いました。
(そのときの記事はコチラ →  )


では、№1から
タティングモチーフ集4-1 
直径 : 長いところで6センチ
外周の小さなリングは固定されていないのでアッチコッチ向いてしまっていますが…
特に仕上げはしていません。
糸の色を変えて、ビーズを入れたりするとまた違った印象で綺麗になりそうです。
6辺なこともあって、これからの季節、雪の結晶のモチーフとしても良さそうです。


次に、№2
タティングモチーフ集4-2 
直径 : 長いところで5センチ
すごくキレイ
ツブツブが可愛くって、ピシッと形が決まって、密度といい、
3点の中で一番好きなデザインです
いろいろな色の糸で作ってみたくなります。
きっと、どの色でもステキなのではないかしら


最後に№3
タティングモチーフ集4-3 
糸が足りなくなったので、手持ちの#40で作ったら、少し大きめになりました。
見本写真の大きさは、約5センチです。
緩やかな五角形を描いています。
実は、見本の写真を見て、
「このデザイン、目数的に無理があるのかしら?」
と不安になったのですが、
「おや、普通に編み図通りに作ってキレイにできた」 …のでした。
 ちなみに、外周のリングのつなぎのピコをやや大きめにした方が、
その内側のデザインがのびのびするようです。


参考までに、レース糸#40の場合のそれぞれの必要糸長さは、
№1  Aシャトル125センチ :  Bシャトル405センチ
№2  Aシャトル125センチ :  Bシャトル355センチ
№3  Aシャトル275センチ :  Bシャトル435センチ
…でした!
上記の長さはけっこうタイトな数値です。
作り手によってもっと長く必要な場合もあると思いますので、
参考程度にお考えいただいて、
ゆとりのある長さを用意することをオススメします

このデザイン集のモチーフは、小さいですが、
どれも編みっぱなしでもキチンと形が整って、可愛かったです。
そのうち小物に縫い付けて活用したいなあ、と思っています。

今はとりあえず…

お皿に盛ってみましょうかあ~

タティングモチーフ集4★皿盛り♪ 




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズ編みのがま口★その2

がま口作りの試行錯誤が続いています。

今回の材料はコチラ

丸大ビーズをた~っぷり買いました。
オーロラ効果ありの丸大ビーズ
トーホーのビーズです。
この色、透明なのですが、シャボン玉みたいに虹色に輝いていて、とっても綺麗なのです
うまく写真に撮れなくて残念。


口金は前回と同じ5センチ幅です。
5センチ幅の口金 

は……、  在庫をゴソゴソ…
残り物のレース糸 
こ、これで足りるかしら?


さて、ビーズをレース糸に移して、アミアミ…
今回は糸通しビーズなので、かなり手間が省けました。


ビーズもたっぷりあることだし、と、まずはビッシリと編みこみました。
ビッシリビーズでの雰囲気 
こんなカンジでできあがるはず、と、あわせてみました。
う~ん、形は悪くないのですが、なんだか、編地がゴチッと硬くて、手触りが良くないです


もう少しゆるめに編んで、模様を入れてみたら…
模様をつけてみました 
だいぶ柔らかくなりました
ビーズを入れていない部分があると、しなやかさが増すような気がします。
このカップの状態がすごく可愛くて、このままでも小物入れにしたいくらいです

でも目標は、ぽってりがま口。
口金にグイグイはめこみました。
前回のがま口との比較 
左は前回の失敗作。右が今回のがま口です。
こうしてみると、だいぶシルエットが違いますね

前回は6目から編み始めていますが、今回は8目。
糸の太さもビーズの大きさも変えてしまいましたが、だいぶ理想に近づいてきました。

でも、まだ、チガウ

もう少しイメージに近づくまで、粘ってみようと思います。



う~ん☆ 65点(^^); 
この角度から見るとけっこうイイセンいっているように見えるのですけど(^^);
(ビーズのキラキラが上手く撮れなくてホント残念 模様もよくわからないですね



↓ 拍手ありがとうございます。
  応援していただけてとっても嬉しいです\(^0^)/
  コメントもお待ちしております。

文字化け

11月9日 追記
文字化けの原因は、FC2に不具合があったようです。
昨日は、文字化けは直ったものの、コメントが送れず…
でも、今日は正常に戻っているようです。
良かったー\(^^)/



この2~3日、QPのブログの文字が正しく表示されないという状態が起きています。
原因はわかりません。
1日のうちでも、気まぐれに文字化けになったりならなかったりなので、
ちょっと困っています。

こちらのブログをご覧になっている方からの指摘もありましたので、
QPが使っているパソコンの異常ではないらしく、
また、FC2を使用しているブロ友さんでは、
正しく表示されているところもあれば、
QPのところのように文字化けしてしまっているところもありの様子です。

どうしたらよいかもわからないので、しばらく様子見となります。
せっかくご訪問いただいているのに申し訳ありませんが、
ブログ更新やコメントへのお返事が遅れがちになるかと思います。


文字化け お詫び

ビーズ編みのがまぐち

前回、葵ちゃんのお手手にはまっていたナゾの青い物体
ナゾの青い物体 

コレの誕生には深~いワケがあったのです。 ←オーバー

え~、QP、突然、『ビーズ編みのがまぐち』を編みたいと思い立ったのですよ。
少し前に流行ったようだけれど、そのときはあまり関心がなく、
今頃始めようとしても、「これぞ」と思った本はすでに絶版になっていて、
古本市場ではエライお高くなってて。

でも、ま、ネットで調べてみたら「なんとかなりそう」。 
基本、かぎ針の細編みでできているし、
材料もウチにあるものでイケル、とゴソゴソ出してきました。
ありあわせの材料 
しかーし! このチョイスは問題がありました。

QPの調べたところ、『ビーズ編みのがまぐち』の材料は、
18番くらいの太めレース糸・丸大ビーズ・くし型の口金(7~10センチ幅)
が、作りやすいようなのです。
でも、手持ちで揃えた材料は、
40番細めレース糸・丸小ビーズ・縦長の小さい口金
(おそらく人形用のバッグを作ろうとして衝動買いしたものと思われる)
なのです。

口金に関しては、「これは無理がある」とあきらめ、
すぐに新しい口金(ただし、幅5センチ)を買いました。
でも、レース糸とビーズは変える気になれませんでした。
だって、ウチにどっさりある在庫の大半は#40と丸小なのですよ。

で、アミアミアミ………
ビーズを引き連れ、アミアミ 
ところが、編んでも編んでもなかなか大きくならないのです。
#40の細編みオンリーですものねえ…

さらに、思いのほかビーズを大量に必要とすることがわかり、
同じビーズを買い足しに走り…
編み間違いもあって最初から編み直し…
それでもビーズが足りなくなって、
模様を作って、ビーズを入れない部分があれば間に合うのではと思いついて、
模様を入れて編み直してみたら、
わけがわからなくなって編み直すというドロ沼に入り込んでしまい…

高くても本を買えば良かったのか…
もしくは、説明書の付いているキット商品を買えば良かったのか…
(でも、それもけっこういいお値段でしたし )

ちまちまと#40で編んでいるから、
よけいに頭がこんがらがっちゃうのだわ、とため息。
実は、クールダウンのために作ったのが、冒頭の「青い物体」なのです。

百均の#20レース糸と、なにかのオマケでもらったプラスチックのビーズ。
手に取ると子どものオモチャのような印象でチープ感満載ですが、
編んでよかった!
増し目のポイントや、ビーズ模様の出方がクリアに見えてきたのです。


喜び勇んで編み上げたのがコチラ
表側の模様 
ちと、底の部分が尖っているのが気になりますが、
これまでの格闘を思えば、上出来!

さあ、もう一息! と口金を付けました。

が……



カッコワルイ 
ビーズ編みのがまぐち 1作目 
幅が広すぎたようです。
この状態では見えませんが、口金から袋口が余り過ぎちゃってます。
第一、シルエットがすごくヘン

QP、ビーズ編みのがまぐちを甘く見すぎていました
こんな出来上がりでは、納得できない。
モノにできた気がしません。
いずれ、再挑戦しようと闘志を燃やしています



「まあ、こんな物のために私のお披露目が遅くなったというの?
納得できない葵ちゃんひいい~
葵ちゃん、怒らないで~~~


  


↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。