QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

タティングディスプレイ

『 Tatted Snowflakes Collection 』 By Jon Yusoff
スノーフレークのデザインを15点、コンプリートしたのは、今年の4月のこと。
   そのときの記事はコチラ → 

このときから15点全部をまとめてアップしたいなあ、と思っていたのです。

ひとつのフレームにまとめました
タティング☆スノーフレーク15点 
上段、右から№1~5、中段、№6~10、下段、№11~15、です。
100均のジグソーパズル用のフレーム(515円也)に、
黒いフェルトを敷いてセッティングしました。
49×36cmの大きさなので、ゆったりと並べることができました。

この状態でムスメたちに見せると、
珍しく「おお~!」という声が!
「前に作ってたヤツ?」とも

黒地にこの段染め糸のスノーフレークはとても良く映えています。

嬉しかったので、もう1枚
もう1回スノーフレーク♪ 


ここで止めておけばいいのに、つい…

スノーフレーク全部入れちゃった♪ 

この本から作ったほかのモチーフも、もったいなくて入れちゃいました。
なんだか雑然とした光景。
貧乏性ってセンス悪いですねえ



↓ いつも拍手ありがとうございます。
  写真はプラスチックカバーをしないで撮っています。
  最後のフレームは立てかけていますが、
  タティングレースはフェルトに貼りついて落ちませんでした
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

てごわいちゃん再チャレンジ版

今年作ったのだけれどブログアップしていなかったもののひとつ。
『モチーフ&エジング 101』 より、
表紙にも載っている 「№19」、
それの再チャレンジ版です。

一度完成させたものの、  (前回の記事はコチラ →  )
中心から放射状に連なるリングがヨレヨレで納得できなかったデザインのドイリー。
力加減を調整して、作り直してみたのです。

編みあがったばかりの状態
タティングてごわいちゃん2仕上げ前
仕上げ前の状態でこんなカンジです。
波打ってはいますが、これでも前作よりもずいぶん落ち着いているのですよ


糊付け、ピン打ちして乾燥、できあがりです。
はい。
タティングてごわいちゃん2完成 
前回と違って、目数はテキスト通りに、
チェインの繋ぎ位置は見本写真と同じ位置にしてあります。
リングをキリキリと小さく締め、ピコの大きさを調節して、
まっすぐなリングの列を目指してみました


数珠繋ぎのリングは、もちろん、すべて表向きにアレンジ。
タティングてごわいちゃん2全表のターン 
(む。ちとピンボケでしたね。)

今回も段を上がるときはすべてスプリットリングを使いました。
さらに、シャトルも 『 L 』 を使ったので、糸始末は最後の1回だけです
(これ、ちょっと自慢~


さて、ココまで画像を見てきても、「前のと違いがわからないよ~」という皆様。

はい、並べてみましたよ。
タティングてごわいちゃん1&2比較 
左が前作、右が再チャレンジ版です。
大きさも違うけど、リングがシャッキリとしましたでしょう~。
え? 変わりばえしないですか? 
いやあ~~~



↓ いつも拍手ありがとうございます。
  年内にもうちょっと更新できるかも~。
  コメントお待ちしております(^^)

もしもピアノが弾けたなら

コホン! またまたしばらく更新が滞っておりましたが、
ようやく大イベントが終わってプレッシャーから開放されたのでご報告します。

QP家の電子ピアノ

実はワタクシ、この6月からピアノ教室なるものに通っております。
その名は『大人の音楽レッスン』
しかして、その実態は、
「大人になってからピアノを始めたいなーと思いたってしまった初心者のグループレッスン」です。


そんな初心者のワタクシたち3人に、先生から、
「発表会に出てみましょう」
とお誘いがあったのは2カ月前のこと。

そんな無謀な…

が、
「今 練習している連弾の曲で出ませんか」
とおっしゃる。

いや、無理!

と、QPは青ざめたのですが、
ほかの2人はすっかりヤル気に!

ひいい~
連弾では、QPひとり抜けるわけにもいかない~

というわけで、参加してきたのが、昨日のことです。

初心者用にアレンジされた短い曲だったのですが。
練習ではなかなか音が揃わず、プレッシャーがつのるばかりで。
ステージではとんでもなく緊張!
それはもう、
弾いている音が聞こえているのか聞こえていないのかわからないくらいでした

でも、とにかく終わった!
今は開放感と脱力感がまぜこぜです。


会場では、コーヒーやケーキをいただきながら演奏を楽しむという形式。
2012冬発表会プログラム 
ケーキは、自分たちの発表が終わってからいただきましたよ



↓ いつも拍手をありがとうございます。
  次は年内更新をがんばります!
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズニッティングのリストウォーマー完成

ビーズニッティングのリストウォーマー、できましたー
ビーズニッティングのリストウォーマー完成 
サイドを閉じ合わせるときに、親指用の開口部を残しました。
編み方のコツがわかってからは、
どんどん編んで、模様ができていくのが楽しかったです


模様部分のアップ
リストウォーマー(赤)アップ 
Wister 純毛中細(籐久(株)) col.NO.56
TOHO 丸大ビーズ col.NO.161
棒針0号使用

光が強くて色が飛んじゃってますが、毛糸の色はもっと暗い赤です。
ビーズはがま口を作ったときのものなのですが、
実際はもっと光をはじいてキラキラしているのですが。
オートのカメラお任せでは綺麗に撮れてないです。残念

ところで、ビーズって、粒の大きさや形にバラツキがありますよね。

この、右端のとか
ビーズチェック(クリア) 

こちらの白っぽいのは、けっこうバラツキがあったし、
編みこむと、とても目立っちゃってました。
ビーズチェック(パール) 

こういう不揃いの粒は、糸に通した後ですとペンチでつぶして(壊して)取り除きますよね。
テグスでアクセサリーを作るには、それで問題なかったのですが、
今回、同じようにつぶしたら、毛糸までプッツン切ってしまいました。
それから気をつけて、毛糸を切らずにビーズだけつぶしたりしてみたのですが、
ガラスのカケラが毛糸に混じってしまっているようで、コワイ

糸通しビーズだったので、一気に全部毛糸に移したかったのですが、
中細の毛糸に変えて編むときには、
ビーズは糸に通す際に、不揃いの粒をチェックして取り除くことにしました。

あと、ビーズをたくさん毛糸に通してしまうと、
編みながら奥へ奥へと移動させるのが大変です。
必要な粒数を計算して、片方分ずつ糸に通した方がいいなーと思いました。
 ↑ これは自分用の覚書です


ビーズニッティング、簡単にできるだろうと甘く考えちゃって右往左往してしまいましたが、
慣れてくると楽しいし、出来上がりも綺麗
もっといろいろと編みたくなってきました。


最後はQP自身の着画! とはいえ、なにげに小さい画像だったりします
着画!QPのお手手 
丈を長めにしたので暖かいですよ~



↓ いつも拍手ありがとうございます。元気が出ます
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズニッティングでリストウォーマー

ムスメたちのリストウォーマーができあがったので、
張りきって自分の分を編み始めました。

本の説明では、中細の毛糸丸大ビーズを合わせています。
手持ちの材料は合細毛糸丸大ビーズですが、目数と段数を増やして調整すればいいわね、
と編み始めたビーズニッティング。
ビーズで模様を編みこむのに四苦八苦しながら、
レース糸のように細い合細毛糸を編むこと、数日。ちまちまちま…

かぎ針編みもそうですが、
棒針編みもビーズは編んでいる面の反対側に出るのですね。
模様の出方のパターンになかなか慣れず、何度か編み直しをしながら、
ようやく片方のリストウォーマーを編み上げました。
 
…が! なあんか、ウツクシクナイのです
合細毛糸でビーズニッティング 

拡大
合細毛糸(グレー)と丸大ビーズ 
ね? ビーズがてんでバラバラの方向を向いてしまってるのです

「ヘンだなー」と調べ、
ビーズをそろえるには、きつめに編むのがポイントという記述をみつけ、
棒針をサイズダウン。
使っていた0号棒針よりもさらに細い針を…

はい、1.75ミリの金属製棒針です。addi製
棒針0号と1.75ミリ針
竹製の0号針よりずっと細いでしょう?

気分を変え、糸も赤いものにして、
「きつめにきつめに…」と、せっせと編んだのですが…

編んでみると
合細毛糸(赤)と丸大ビーズ 
「ナニコレ…、もっとひどい
自由奔放に好き勝手な方を向くビーズたち。

これは、編み方や編み棒では直らない。
と、あきらめ、
本の通りに中細の糸を買いに走りました

そして編みあがったのがこちらです。
中細毛糸(赤)と丸大ビーズ 
ビーズ模様のデザインを変えてしまいましたが、
パッと見のキチント感がまるで違います。

前出の作(左)と並べてみると歴然!
ビーズニッティング☆合細毛糸と中細毛糸
お行儀良く並ぶビーズ、こうでなくっちゃ!

ビーズの大きさと糸の太さの相性は大事ですね。
そして、この場合のビーズの大きさとは、
ビーズの外径ではなく、
ビーズの内径、つまり、穴の大きさ 
なのだと悟った一件でした。


さっ もう片方をサクッと編んじゃいましょうかね。

ビーズニッティング、楽しくなってきましたよ



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

リストウォーマー

本屋さんでステキな本をみつけました。
編み地を楽しむリストウォーマー 


めっきり寒くなった今日この頃、
冷え冷えの手でパソコン操作をしているムスメたちに編んであげようと思い立ったのです。

長女に本を見せ、
「ねえねえ、編み模様のあるのと、ビーズで模様が作ってあるのとどっちがいい?」
ウキウキ訊ねました

答えは、
「暖かいのがいい」

あのねー、かって訊いてるのに、と答えるのかい

実はビーズニッティングをやってみたかったQP、
次女には、
「ねえねえ、ビーズのって、可愛いよね?」
と誘導をかけてみたのですが、

返ってきた答えは、
「え~、ビーズってジャマにならない?」
でした。

女の子ふたりも産んだのに…
揃ってオシャレよりも実用主義。
華のない我が家

しかたない。ご希望通り、暖かさ重視で編みましょう

毛糸をしまいこんだダンボール箱をゴソゴソ。
ウン十年前の毛糸を引っ張り出してきました。
ゲージが違うから、本の編み方では作れません。
模様編み集の本を参考に、自己流でアミアミ…


できましたよ~
ダイヤベビーウォッシュでリストウォーマー 
ダイヤベビーウォッシュ(東洋紡績(株))  棒針4号使用
簡単な模様編みですが、注文通り親指付き

はい、着画です。
リストウォーマー1号 
こちらは次女の分です。手タレは本人。
サイズもちょうどいいようで、愛用してくれています


長女のもできました
リストウォーマー2号 
ベルスワン かすり(鐘紡(株))  棒針10号使用
こちらは糸が太くて、縄編みの模様とのサイズ調整に苦労しました。
もちろん親指付き
手タレは長女本人。
こちらも愛用してくれているので、すでに
「表面がモワモワしてきたよ~(長女)」
で、毛玉ができてしまうのも間もなくでしょう


ところで、親指部分の編み方、
QPは棒針を何本も使って編むものとばかり思っていたのですが、
『袋編み』 という便利なテクニックがあるのですね。
今回初めて知りました。
世の中にはいろいろな編み方があるものですね。


さて、ビーズニッティングをやってみたくて我慢できなかったQP、
自分用にと編み始めたのですが…、
リストウォーマー? 
うう~む、どうも上手くいきません

詳細は後日!



PS.今日の夕方、大きな地震がありましたね。
   皆様ご無事でしょうか。QP家は大丈夫です。
   地震コワイ…  と言いつつ、
   「人形が倒れていないかっ」と確認に走ってしまった自分って




↓ 拍手ありがとうございます。
  ボチボチペースの更新ですが、応援よろしくお願いしますm(__)m
  コメントお待ちしております(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。