QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

織りあがったけど…

びろーん!
小物用裂き織り 
一気に4枚織ってあります。

今度は計画的に、ちゃんと作るものを決めて織ろう!
と始めた裂き織りですが…

計画通りだったのは2枚目まで
小物用裂き織り 1・2 

ファスナー付きのポーチを作ろうと思ったのですよ

で、最初の画像の右から、
イチゴ柄のコットンに、緑色の生地を底部にして… と織り始め、

次に、「シルクって織ってみたいわ」と、
これもポーチサイズに織り…

ここまでは、まだ予定通りだったのですが。

裂いた(切った)絹地が余ってしまったので、
「えーい、織っちゃえ」
で、3枚目(右)。
小物用裂き織り 3・4 

「たて糸が余ってるな」
で、織っちゃったのが4枚目(左)。
このサイズで何が作れるのか、予定は未定

「次はちゃんと設計図をつくる」
なんて言っていたのはドコのダレかしら~



ここで放置


ちゃっちゃと使える物に仕立てたいのですが、
先週末は、次女の体育大会でPTAとしての手伝いがあったりと、
気分的に乗らず。

どうも、ナマケモノのQPが発動しているようです



今回の織りでちょっと有意義だったなーと言えるのは、端の処理。
ヘムステッチの練習 
織り始めと織り終わりに、
ヘムステッチというたて糸の処理をしてみました。
これをしておくと、よこ糸がゆるまないし、たて糸の節約にもなります。
とじ針でチクチクと綴じていく作業は、
けっこう性に合っているみたいで楽しかったです。


さて、このヨレヨレの裂き織りが、使える物になるのはいつなのか…
うう… 今から1週間以内にケリをつけるぞ、
と、自分自身にリミットを設けることにします



ご訪問ありがとうございます。
予想外に暑くなった次女の体育大会。
晴天続きで、もうもうと土煙の舞い上がるグラウンド脇での
立ちっぱなしはオバチャンにはシンドイ
ヘロヘロになったQPは、翌日もつかいものになりませんでした


↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております。
スポンサーサイト

方眼編みで天使(?)

方眼編みで編んだドイリーの手触りの良さに気を良くして、
次も方眼編みをしています。

今回は古い本から選んだ具象的なデザイン。
天使(?)のアンヨ 
ふふふ…
アミュレの8号針買っちゃった
シャーベットカラーが可愛い。
長編みの頭を小さく締めて編むので、
拾い目のときに針先が尖っている(小さい)のはいいかな、と期待したのですが、
今のところはそれほどの違いは感じられず
ちょっとしたときに編み針を口にくわえるクセのあるQPは
ペンEの方がくわえやすいな、なんて   (それって重要なのか?!)


方眼編みって、具象的なデザインだと、繰り返しがないので、
パターンを覚えてサクサク編む、ということができなくいのがやっかいです。
そして、どこを編んでいるのか、迷子になっちゃう(@@;)


こういう図案は、コピーをとって、
ガッツリ、マーカーで印を付けながら編むに限ります。
編み図にマーカー 
↑ このデザイン、お花の上のところの
びっしり長編みで埋めていくところがしんどかったです。



今回も拾い目は「糸を3本拾う」方法で編んでみています。
本には特に指定はないし、
往復編みなので「頭2本」でもいいように思うのですが、
往復編みでの「3本拾い」の練習をしてみたかったのと、
本の見本とどのくらい印象が違うのか、試してみたかったのです。

けれど…
途中で指が痛くなってしまいました
3本拾うために、編地をガッチリ摘まんで力が入りすぎていたのか、
左手の親指の付け根が とっても! 痛いです

今は湿布を貼って、少しずつ編むようにしています。

もっと一気にガーッと編んでしまいたかったのですが、残念


よろよろしながらも、ここまでできてます
やっとここまで20130521 
ふーーー  あと残り3分の1くらい。
なんだか縦の縁がガタガタなのが心配です




ご訪問ありがとうございます。
お人形のドレスも編みたいなーとウズウズしていますが、
ただでさえやりかけが山積みのQP。
クロシェはクロシェで、ひとつずつ片付けませんとね。



↓ 拍手ありがとうございます。
  皆様の応援ポチがQPの頑張りのもとです!
  コメントお待ちしております(^^)

アンティークドールとバラ

皆様お忘れかもしれませんが…
もしくは、最近の読者様はお気づきでないかもしれませんが…

『QPの道草三昧』は、もとはといえば お人形ブログだったのですよ。

いやいや、QPもうっかりしていました。
なんと、お人形カテは、お正月以来ではありませんか。

今回は、ガラス目のアンティークドールの画像が
バーンバーン と出ます。

苦手な方はここでUターンを…
でもでも、とっても優しい表情の可愛いコですので、
できればご覧になってみてください。
きっとアンティークドールに対するイメージが良いものになると思います







では…







QPかあさん、私とバラの花を一緒に撮りたいのですって
葵ちゃんとシャリファアスマ2013.05その1 
うん、ブロ友の『ル・スクワール』のjoujouさんが、
お人形とバラをとってもステキに紹介されていたの。
きっと葵ちゃんもバラの花が似合うと思ってね。


こんなポーズでいいかしら?
葵ちゃんとシャリファアスマ2013.05その2 
うんうん、可愛いよ~




うふ バラと私、どちらの方がキレイ?
葵ちゃんとシャリファアスマ2013.05その3 
こらこら、ふざけてないで



たくさん写真を撮られて疲れちゃった(このお花、食べられないのかな)
葵ちゃんとシャリファアスマ2013.05その4 
大人っぽく見えるけれど、本当は葵ちゃんはまだまだ少女なんだよね。
(バラの花は食べちゃダメよ。それは観賞用ね)





ご訪問ありがとうございます。
ビスクドール、ジュモウテート9号の葵ちゃん。
50センチくらいの大きさの、100年くらい前に作られたお人形です。
そろそろお人形の服作りも再開しようかと思っています。
手始めは小さいコのクロシェドレスかしら


↓ 拍手ありがとうございます。
  「お人形もイイね、オッケイよ」でしたら、ポチッとしていただけると嬉しいです。
  コメントお待ちしております(^^)

シャリファ・アスマ

購入したときからドキドキ
蕾が付いてはワクワク
QPの期待を一身に受けたシャリファ・アスマさん。

コロンと桃の実のようにピンクを帯びた蕾から
シャリファアスマ201305 

徐々にふっくら膨らんで
シャリファアスマ201305ふっくら 
この慎ましやかな姿も可愛い
このときからもう、良い香りが楽しめます。

外側からほころび始め
シャリファアスマ201305ほころぶ 
ベビーピンクの愛らしさ

にっこり笑顔です。
シャリファアスマ201305開く 
う…  美しい!!!


そして…
シャリファアスマ201305正面 
全開の笑顔~~~



シャリファアスマ
大好きなピンク色で、香高く、四季咲き。
丈夫で、コンパクトで鉢植え向きと、実にQPにうってつけの品種です。
今回、花径は全開で9センチくらいになりました。

購入したショップの説明では、
「濃厚な香は独特で、白ブドウとクワの実を思い出させるようなフルーティな調べ」
とありました。
が、「白ブドウ」はともかく、「クワの実」の香ってどんなんでしょう?
格調高い表現をしてくださっている生産者さんには申し訳ないのですが、
素人まるだしのQPとしては、
「すっごくイイ香~
 芳香剤みたいな甘いタイプじゃなくて、
 スッキリ爽やか系ね
となります。

繰り返し咲いてくれるということなので、とても楽しみにしています
お世話もサボらずに頑張ります!


ご訪問ありがとうございます。
こちらはすっかり初夏の陽気。
日中はTシャツで過ごしているくらい快適なのですが、
今からこれでは、真夏の暑さをやり過ごせるのか心配になっています。


↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

新刊 優雅なレース編みより №28

手織りと並行して編んでいたクロッシェドイリー、仕上げました。
方眼編みドイリー№28 
『優雅なレース編み』 日本ヴォーグ社より、№28
使用糸 Zakka Lace #40 色番420(シルバーグレー)
使用針 レース針8号
サイズ 20センチ角

シルバーグレーというより、薄茶ですね。
艶はあって綺麗な糸ですよ(^^)

暮らしを楽しむカジュアルレース」というコーナーの1つなので、
この本にしてはシンプルで小さいデザインです。
本ではエミーグランデ<ハーブス>で編んでいて、サイズは31センチになっていましたが、
「ハーブス高いよ」ということで、手持ち糸消費も兼ねて、#40の糸で。

凝りこりのPKさんのドイリーの反動か、
シンプルで実用的なものを編みたくなって、方眼編みをチョイスです。

実は方眼編みは苦手。
編みあがると図案が横長に伸びてしまっていること多々あり
そして、
方眼編みの長編みは、
 前段長編みの頭2本と裏山1本の3本を拾って編む

という方眼編みの基礎(?)である拾い方を
今まで1度もやったことがなかったQP。

このデザインの編み方ポイントには、
そこのところがキッチリ指定してあって、
巻末には、図入りで方眼編みの編み方が載っているという丁寧さ。

やってみよう

編み始めは中央から
方眼編みドイリー№28中央 
始めの数段は編み辛かったです。
ぐるぐると表側のまま編んでいくのに、「裏山の1本も拾う
拾い目の度に裏側を確認するQP
なかなか進まない

それでも、だんだん裏を見なくても
3本ちゃんと拾えるようになってきました(レース針を刺す位置がわかってきた)

アップ~方眼編みドイリー№28角
縦のラインがまっすぐ通っているかしら。
もっとギュウギュウ引っ張って形を整えれば良かったかな。


このデザイン、慣れれば1日で編めそうです。
(QPは少しずつしか編まないし、まちがえて解くしで、何日もかかってますけどね)
方眼編みの適度な密度と、平らに仕上がる布っぽい感触が心地良い
「優雅な…」とは違う気がしますが、
どことなくクラシックで、長く使えて飽きが来ないタイプだと思います


方眼編みドイリー№28ティーマット? 
とっておきのカップ&ソーサーとコラボ
こうやって見るとやっぱり「優雅」かな?




ご訪問ありがとうございます。
今日は久しぶりの雨。
庭木には恵みの雨ですが、
QPは天気予報を見ずに、朝から自転車で出かけてしまいました。
雨よけにパーカーのフードをかぶって突っ走るオバサンはカッコワルイ


↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

オオベニウツギともうじきバラの季節

オオベニウツギが見頃になりました
オオベニウツギ2013.05部分 
咲き始めの淡いピンク色が初々しくて可愛いです。
去年の今頃もこの花をアップしています。  その時の記事はコチラ → 
咲き進むとピンク色が濃くなってきて、濃淡入り混じる様子も美しいです。


今年はバラの鉢も土の手入れをしたので、
いつもより蕾がしっかり付いています。
ミニバラ黄蕾2013.05 
数点あるミニバラのうちのひとつです。
品種名はわかりません
ミニバラって、売られているとき、品種名がついていないことがほとんどですよね。
そして、一鉢に3本植えてあることが多いのですが、
2本枯れちゃって、これは残った1本です。
1本でこの茂り具合、かなり頑張っているコです


去年の秋に白い花を咲かせていた、シャリフ・アスマさん
シャリフ・アスマ蕾2013.05 
ふっくら膨らんでピンク色がさして、今シーズンは期待が持てそうです

実は今回の画像は3日ほど前のものなので、
今はもう少しほころんできています。

いっせいに開花するのはもう少し。
シャッターチャンスを逃さないようにしなくちゃ
(特にミニバラたち、モダンローズ系の花形なので、開ききっちゃうとイマイチ)


狭ーい花壇で頑張っているQP家のお花
オオベニウツギ2013.05全景 
えへへ
チラッとですが、わかります?
通路脇のこんな細長いところが花壇です




ご訪問ありがとうございます。
ようやくマスクとオサラバできそうです。
GWは手芸三昧かと思っていたら、家族がリビングに入りびたり。
リビングでやってる手織りは進みませんでした。
世間が込み合うGW、QP家はドコにも出かけないのねー。


↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております。

裂き織りでティッシュボックスカバー

イチゴ柄のハギレ、まだまだあるんですよ。
で、裂き織りです。

まずはたて糸準備
たて糸に30番レース糸 
30番のレース糸、2本取りにしてみました。
(この画像を見て、「ああ、あのレース糸ね」とわかった方、
 以前からご訪問くださっている編みらーでいらっしゃいますね(^^))
色も4色でですよ。


実は、前回のポットマットも、たて糸はレース糸を3色も使っていたのです。
でも、40番レース糸の1本取り、しかも淡い色合いでは、
まったくと意味を成しませんでした


今度はどうかしら?
レース糸のボーダー 
たて糸の状態では綺麗だと思ったのですが、
よこ糸(裂き布のテープ)を入れてみると…
ううむ、それほど目立たない。
かえってごちゃごちゃしてしまった?


織りあがりました。
イチゴ柄の裂き織り第2弾 
幅32センチ、長さ38センチくらい(房分は含まず)です。
たて糸のボーダーは、あんまり効果が出ていませんねえ。
効果というよりも、見た目がうるさい、マイナスの結果になってしまった?
ただ、織物としては、以前より安定してきたような気がします。
けっこう四角くなっていますでしょ?
 

ボックスティッシュ用のカバーに仕立てました。
イチゴ柄の裂き織りでボックスティッシュカバー 
(開き口のすぐ右脇、目が飛んでます。
 直せないこともないけれど、もういいや ← オイオイ )
次女に、「目がチカチカする」って言われてしまいました。
色使いに品が感じられないですね
使っている間に色あせて落ち着いてくれることを期待しましょう。


このカバーは吊り下げて使うタイプです。
イチゴ裂き織りボックスティッシュカバー吊り型 
こんなふうに、ね
いろいろ問題点ありですが、とにかく 使える物 にはなりました


  ☆☆☆ 自分用メモ ☆☆☆
今回の織りでわかったこと、これからの課題
○裂き布は表側の面に揃えた方がきれい
○たて糸はピシッと張った方が耳のラインがまっすぐに揃う
○接着芯を貼る前に布目を整えること
○このデザインの場合、織り始めと折り終わりの横糸(折り返し部分)は、
 余裕のある長さをとった方が、仕立てがラク
○フリンジは開き口周りだけの方がデザイン的にスッキリ見える(?)
○フタを付けたい(織りの段階で続けて作っておけば良かった)
○色の出方、使い方はこれから勉強と経験を積む(きっとずーっと勉強でしょう☆)



ご訪問ありがとうございます。
皆様に応援をいただき、なんとか形になりました。
次はちゃんと設計図(?)を作ってから取り掛かろうと思います。
もう少しでクロシェドイリーも編みあがります。
こちらは安定したデキですよ(^_^)



↓ 拍手ありがとうございます。
  皆様の応援ポチに励まされています。
  コメントもお待ちしております(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。