QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

赤のジュモードレス

以前作った、テートジュモー(リプロ)の愛ちゃんのドレスをご紹介します。

ババーン!
赤のジュモードレス 
あっ スカートをちゃんと整えてなかったっ

わたしのドールブック 小関くに子の手作りビスクドール入門』から、
テートジュモーの基本タイプです。
何年前に作ったのか…  たぶん、5年前くらいだと思うのですが。
そのときは、この基本タイプは練習用のつもりで、
本命は表紙にも載っているプリーツびっしりの小花柄のシュミーズドレスだったのです。
でも、プリーツびっしりは手強くて、あきらめちゃいました


愛ちゃんは普段このドレスを着ています。
可愛いデザインだし、もっと良い生地で作れば良かったなー。
ボネはうしろから見ても可愛いんですよ
愛ちゃんの赤いボネうしろ 
フリルは布のミミの部分を使って、布端の処理を省いちゃってます

ちなみに、手に持っているバッグは、ビーズキットです。
持ち手部分を長くして、お人形用にアレンジしました。

ついでに、足元のアップ~
愛ちゃんの足元 
靴はドルフェスでゲット、靴下はQPが編みました。
この靴下を編んだときの記事はコチラです → 


上の画像ではピアスを付け忘れていたので、撮りなおしました。
ピアスもお手製  とはいえ、ビーズパーツにビーズをセットしただけです
愛ちゃんのボネ フリフリ 
ん~~~っ いつ見てもカッワイイ~~~






ご訪問ありがとうございます。
しばらく更新があいてしまいました
明日から8月ですね。
あんまり口にしたくないけれど、まだまだ暑い日が続きますね
加えて、QP、腱鞘炎で手仕事を自粛しているので、少々クサリぎみです。
針と糸を持たせておけば大人しくしているのに、
時間が空いちゃったものだから、ネットをウロウロ、ろくなことありません。
うっかり指がポチッと………   えええ~~~?!





↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

ちびドレス

ちびグーちゃんにドレスを作りましょう
ちびグーちゃんの布選び 
身長9センチちょっとのグーちゃん、パッチワーク用のハギレがちょうど良いサイズです。
どの柄が似合うかなー


ブロ友のjoujouさんがほのかちゃんに作られていた、
赤いドットのドレスが、イチゴみたいでとっても可愛かったので、
マネッコして赤い生地を探してきました。

        :
        :

右端のドット柄に決定!


ウキウキと作り始めたQPですが…
むずかしい~~~

小さいお人形なので、すっごく簡単なデザインにしたのですが、
サイズ調整が上手くいかないのです。

小さいお人形用なので、すぐに縫えるのですが、
縫って、着せてみては、サイズがヘンテコでボツ

ようやく、モノになりそうだ! と着せてみたのですが
ちびグードレス失敗たっち 
ミニスカートになっちゃった


座っていればごまかせる長さ?
ちびグードレス失敗お座り 
※スカートは仮縫い、後ろは止めていないので膨らんで見えます


う~ん、気に入らない
デザインから見直しをしようと思っています。


教訓  ちっちゃいお人形の服は難しい~~~!



ご訪問ありがとうございます。
腱鞘炎はちーっとも良くなりません。
小さいお人形の服ならすぐ作れるから大丈夫だろう、
と始めたのですが、上手くできません。
ただ、試しに縫い針を新しい物に換えてみたら、かなりラクです。
負担が軽く感じます。
チャイナさんのとき、久しぶりの縫い物で、
すべりの悪くなっていた針で縫ったのも
腱鞘炎には悪かったようです。
道具はきちんと手入れをしておかないといけませんね








↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

新入りカメラくん

カメラ、買いました
LUMIXくん 

LUMIX GF5


実はですね、愛用のIXYくん、しばらく前から、壊れちゃっているのです。

ガシャン…!
IXYくん修理入院 
正直に言うと、QPが落として壊しました

今までにも何度か取り落としてしまっているのですが、  ←そそっかしい
タフな彼はじっとこらえてQPの相棒を務めてくれていたのです。

が!
スイッチオンで、レンズを飛び出した状態で落下させたのはマズカッタ
…一体型だったレンズカバーが壊れました。

それでも!
カバーが壊れても、撮影には支障がなかったので、
そのまま使っていました。
(この記事の1枚目の画像もIXYくんで撮影)

          :
          : 
          :

いつまでもこのままではいけないよね、直さなくちゃ。
なんだか、最近、ピントがきっちり合わなくなっているし。
でも、修理の間、写真が撮れないと、ブログが寂しいものに
(画像が頼りのブログだって、正直におっしゃい!

どうせなら、ちょっと遊べるカメラが欲しくなっているのよねー

というわけで、買っちゃったんでーす
(実に日記的な、自分に対する言い訳でした。長々とすみません)


LUMIX GF5
ミラーレス一眼

QP、ミラーレス一眼もよくわかっていません。
使いこなすのはまだまだ、これからです。
…使いこなせるのかしらん?


とりあえず、バラの花を撮ってみました。
夏のシャリファ・アスマ20130712 
本日のシャリファ・アスマさん
春の花よりも小ぶりで、香りは弱いですが、可愛らしいピンク色で姿も良いです。
花にだけピントが合って、バックの葉の部分はボケている、
こんな写真が撮りたかったのです~



ご訪問ありがとうございます。
先日の献血の検査成績が届きました。
案の定、コレステロールが高め
う、運動しなくちゃ。涼しくなったら…。  (コラコラ
でも、他の項目は標準値内で、ホッとしました。
自分の健康管理の助けにもなる献血、また協力しようと思います



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

チャイナドール★ドレス偏(試作)

  ※2013.7.7 追記
   チャイナドールキットの作家さんのご紹介を末尾に追記しました。


前回、下着まで揃ったチャイナさん
下着姿のチャイナさん 
早くドレスを着せてあげたいと気は急く。

でもでも、ここで問題が起こっていたのです。

手が痛いんです。

ずっと引きずっている左手の腱鞘炎がとっても痛くなっちゃって…

これ以上手縫いをしていると、
ジャガイモの皮も剥けなくなっちゃうんじゃないかってくらい   ←うそうそ、オーバー

               :
               :
               :

手縫いはシンドイ、でも、早くドレスを着せてあげたい。

で、「ミシンを使おう」 と決心しました

小さいお人形のドレスは、手縫いのほうが小回りが利いて整えやすいし、
ひと針ひと針、チクチク縫う時間も好きなので、
本当は手縫いで作りたいのですけれど

ただ、キットに入っている布を使ってしまうのはもったいないなーと思ったので、
手持ちのハギレを使い、試作ということにしました。
チャイナドール用生地 
左の赤い小花柄は、キットに入っている布です。
ジュモーのシュミーズドレスの素敵な復刻柄なので、
腱鞘炎が落ち着いたら、丁寧に手縫いでつくりたいと思います。
右がQPがハギレの山から探し出してきた布。
小さいお人形に合うように、なるべく小さな柄を選びました。
(布の下はカッティングマットです。マス目は1センチ角です)


さ! ミシンで縫うとなったら、サクサクといっちゃおう
またまた、作り方の説明書からはずれ、
QPの大暴走で~す


まずは布を裁断してパーツをそろえます。
チャイナさん用生地パーツ 
ご覧のように、パーツは全部直線でできています。
カーブの多い型紙だったら、ミシンではきつかったですね。
布端の処理はジグザグミシン、三つ折り部分はまとめてアイロンをかけておきます。


狭いところもミシンでタカタカ、上半分を合体!チャイナさん用ドレス上 
袖口のギャザーと、首周りの処理は、さすがにミシンではムリなので、手縫いです。


スカートも合体!
チャイナさん用ドレス開き 
スカートにギャザーを寄せて身頃と縫い合わせるのは、
ミシンのほうが早いし、きれいにできる気がします。
ただ…、勢いでタカタカミシン作業をしていたら、
スカートの裾にレースを付けるのを忘れてしまいました。
後からでも問題なく付けられるけれど、
ギャザーを寄せる前のほうが、 楽に付けられますね。


レースを付けて、背中にホックを付けて、スカートの裾を閉じ合わせて。
 

チャイナさんに着せたら、ウエストにリボンを飾ります。
後ろはふっくらチョウチョ結び
チャイナさん試作のバックスタイル 

全身~♪
青小花ドレスの全体
リボンは、サッシュベルトみたいにクシュクシュとシワを寄せてみました。


ところで、チャイナさんのお顔、これまでいまひとつピントがあまかったので、
アップを頑張ってみましたよ
クラシカル美人のチャイナさん 
ツヤツヤ…
とても丁寧な絵付けでしょう?
お肌の色合いは、こんなに白っぽくはないです。
蛍光灯の下だと、ちゃんと色合いが出ない
実物は色白ながらも自然な肌色で、      ←この表現はあんまりうまくないですね
最後の画像のほうが近いです。



本日、曇り空でしたが、自然光の下での撮影(暑いよ~
この夏はこの装いで♪
ブルーのお花のドレス、気に入ってもらえたかしら


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ※2013.7.7 追記
   このキットの作家さんは、『Sweets&Cafe』というブログを書いていらっしゃいます。
   今回のキットについては、5月20日5月27日の記事などで拝見することができます。
    (色変わりの文字をクリックすると、リンク先のブログへ飛べます)
   Emmaさまのたくさんのビスクドールとハンドメイド、
   可愛いハムちゃんも登場する素敵なブログです
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



《 反省 》
チャイナさんにドレスを着せてみて気づいたところ。
ドレスのウエスト位置と、チャイナさんのウエスト位置が違う?
いろいろ考えてみたら、
どうやら、チャイナさんの胴が、予定より長くなってしまったよう。
本体が出来上がった時点で、18センチのはずの身長が、19センチ近くあった。
見た目、違和感はなかったので、上出来と思っていたが、
よーくよーく振り返ってみると、胴体上部の絞り口の縫い代が少なかったようで。
縫い代1センチなのに、5ミリくらいのところで絞っている。
ありゃりゃ~ どうせなら、足が長いほうが良かったのに~
でもまあ、次のドレスを作るときに、ウエスト位置を調節すれば問題なし、ということにする
あと、襟ぐりのギャザーで、身頃、袖ぐりの幅が決まるので、要注意。
今回、前身ごろの幅が広くて、袖ぐりがきつめになってしまった。



ご訪問ありがとうございます。
トントンとアップできなくてすみませんでした。
ここまでご覧いただき、ありがとうございます。
そろそろ梅雨明けですね。
今日、我が家でもエアコンを使い始めました。




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

チャイナドール★下着編

チャイナドールさん、本体ができあがったからには、
早く衣装を作ってあげませんとね。
早く衣装が欲しいチャイナさん 
人形好きのQPには、不安そうな表情に見えてしまう。


さあ、まずは下着を作りましょう 
薄い綿ローンがセットされています。

※今回も覚書を兼ねていますので、
  写真てんこ盛り、長~くなりますm(__)m


と、ここで縫い糸について
どの糸にしようか?
QP、手縫いには、主にパッチワーク用に市販されている糸を使っています。
ボディ編でシーチングを縫っていたのは、右下のキルティング用の#40生成り色です。
今度の下着用の生地はとても薄いので、左下のミシン用の#60白を使います。


さて、生地を裁断して、できるところから縫い代のしまつです。
下着の縫い代のしまつ 
左の重なっている2枚がスリップ、右の2枚がドロワーズになります。

縫い代のしまつ、説明書では、巻き縫いをするとありました。
が! 5ミリの縫い代を巻き縫い? 三つ巻き縫い?
もしかして、巻き縫いって、巻きかがり縫いのことかなあ…
…うう~む
あと、レースを縫いつける部分の縫い代、型紙のほうには3ミリって書いてあるから、 
ここは三つ巻き縫いってことないよねえ。 
…うう~む
ほつれ止めを使っても良いとあったので、
ぜーんぶぐるっとピケを塗っちゃって縫い合わせるのが一番簡単だけれど…
…うう~む
しばらく考えて、自分流でしまつすることに決めました。 

QPの暴走でございます


チクチクチク… 


ドロワーズの縫いあがり~
ドロワーズ裏 
裏返しで撮っています。
見えているのは前側です。
縫い合わせ部分の縫い代は、折り伏せ縫いにしました。


チャイナさんに、はかせてみました。ドロワーズはきました 
ふふふ… ドロワーズではなく、ズロースと言いたくなる、昭和育ちのQP
ウエストはリボンを通して、後ろでチョウチョ結びをしてあります。


次にスリップを縫います


画像はスリップの上のほうです。
IMG_2992 (600x400) 
中央の大きなV字の切れ込みは、後ろ中心のあき
右寄りの切れ込みは袖ぐりです。
開き部分は三つ巻き縫い縫い合わせ部分は折り伏せ縫いでしまつしました。

チクチクチク…

肩のレースを縫いつけ~
スリップの肩レース
あと少し…  ハァハァ…

ところで、下着用のレースは2種類入っていまして、初めは「???」 。
違いは、スリップ用とドロワーズ用かな? と思ったのですが、
作家さんのブログ画像を確認したら、
(スリップの)肩用と(スリップとドロワーズの)裾用でした。
あぶない、あぶない…  間違えるところでした


肩のレースにリボンを通して、完成。
チャイナさんに着せた… のですが
スリップの背中 
え~? 背中がパックリ開いて、閉じない?!
裁断寸法をまちがえちゃった? と、またまた作家さんの画像を確認。
………開いてる。
QPのほうが広めに開いている気がするけれど、閉じなくてもいいみたい。

と、いうことで、


下着の完成です♪
下着完成♪
うふふふ…
下着を着ただけでも、だいぶ雰囲気が良くなってきたんじゃなーい?
なんだかね、自分でボディから作ったというだけで、
すっごく愛しく感じるのですよ 



 下着を着けて、ホッとしたチャイナさん
下着ができて、チャイナさんも少しホッとしたかな?



ご訪問ありがとうございます。
ドレスの試作もできあがっているのですが、
QP、文章を書くのが遅くって
頑張ってまとめていますので、またお寄りになってくださいませ




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
  

チャイナドール制作★ボディ編

ドルフェスでゲットした、チャイナドールのキット
チャイナドールキット制作始動
制作開始しました。



まずはボディ作りから始めまーす

※今回は画像てんこ盛りです。
  自分自身の覚書のつもりで書いていますので、長いですm(__)m




胴体部分の布パーツです。
ボディ用のシーチングを縫う 
中央で縫ってある部分は、サイドのウエストのくびれ部分になります。
見えにくいですが、布を2枚重ねてあって、
上端と下端が縫い合わせてあります。
この縫い合わせ部分は胴体の前中央と後ろ中央です。

縫い代は5ミリの指定なのですが、
このシーチングのように粗い布地は 、
縫っているうちに布端がボロボロとほつれてきてやっかいです。
なので、こういう場合、QPは広めに縫い代をとっておいて、
縫い合わせてから縫い代を切りそろえることにしています。


胴体手足の布パーツが縫いあがりました。
ボディのパーツ縫いあがり 


手足のビスクパーツ
手足のパーツの穴 
上部に穴が開いています。
ビスクパーツの中にはおがくずは詰めないようです。
説明書には、布パーツと合体させてから、
この穴にティッシュを詰めるようにとありましたが、
布の手足は細い筒状です。 
※下に敷いてあるカッティングマットの升目は1センチです。
先に詰めておいた方がラクだよね? と、ピンセットでチョイチョイ…

こんなでいいかな?
手足のパーツの穴にティッシュを詰める 


さて、ここで木工用ボンドの登場です。
木工用ボンド登場
工作っぽくなってきましたよ。


手足布パーツビスクパーツの合体!
手足のパーツ接着完了 
接着剤を塗り、残しておいた縫い糸を絞って、固定しました。
右側のビニール袋に入っているのは、おがくずです。


おがくずを詰めます。
使い捨て漏斗 
手前にあるのは、QP製即席使い捨て漏斗
厚紙をくるっと丸めて、ホチキスでパチンと1箇所留めただけです。
え? 厚紙ですか? ティッシュの空き箱ですよん


はい、ボディの完成♪
ボディ完成 
手足のおがくずは、ヒジ・ヒザ部分まで、
胴体部分は、特にギュウギュウに詰め込んであります。
ギュウギュウに詰めるには、一度にたくさん入れずに、
少しずつ入れては押し込む、を繰り返すと良いようです。
上部の入れ口は、おがくずを入れる前になみ縫いをしておきました。 
セットのおがくずは全部使い切りました。


ここで木工用ボンド、再登場。


頭部のビスク胴体を合体! …なのですが。  あっ ピンボケ!
頭部とボディを接着 
接着剤をつけすぎて、背中の穴からはみ出てきちゃった~
アチコチはみ出る木工用ボンドを慌ててふき取りながらギュウギュウ押し付けました。


接着剤が乾いたところで、
通しておいたリボンを縫い付けて、本体の完成です
チャイナドール本体完成♪ 
素朴な作りのボディ
可愛い


時間をかけて、丁寧に、丁寧に作ったので、満足のいくデキになりました。
おがくずのぎっしり詰まったボディは、ホッとする握り心地がします

ただ、この姿…
家族のウケは悪かった
…ふっ きっとこの子は通好みのお人形なのよ



ご訪問ありがとうございます。
昨日、この記事を書きかけていて、ちょっと席を離れたら、
家人がパソコンをいじって、画面を閉じてしまいました。
保存してなかったのにーーー!
冒頭部分をいったん保存していただけに、その後の内容がパアに
ほとんど書き終わっていたので、大、大、大ショックです。
本日、怒涛の勢いで書き上げました。
もちろん、こまめに保存しましたよ。

ふ~~~
次回は下着編を書こうと思います。
ここまでご覧いただきありがとうございました




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

バラの花☆2番花

今年のバラさんたち、ハダニとウドンコ病を相手に格闘中です


シャリファ・アスマさん、2番花が咲いたのですが、名誉の負傷あり?
シャリフ・アスマ 2番花 
香りは、とっても爽やかで良いのですが、外側の花びらが痛んじゃった


赤いミニバラさん
ミニバラ 赤 
しつこいハダニに悩まされていますが、頑張っています
ホントに小さな花なのですが、この色合いが好き
花びらが透きとおっているように見えることもあります。
ポツリ、ポツリと1年中花が付きます。


こちらは黄色いミニバラさん
ミニバラ 黄 
蕾から開き始める頃合いのバランスが綺麗なのですが、ちょっと開きすぎちゃった。




おまけ
赤いハイビスカス
献血でいただいたハイビスカスの鉢。
赤くて大きな花が咲きましたが、1~2日しか持たないものなのですね。
まだ蕾がありますし、秋まで咲くようなので楽しみにしています



ご訪問ありがとうございます。
今日は新しくできたガーデンショップに行って来ました。
そこで前から気になっていたバラを購入!
花の剪定直後のようですが、四季咲きの品種なので、これからに期待しています。
次回は、チャイナドール制作の経過をご報告しようと思います。



↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)