QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

ビーズで彩るレース編み 番外編

前に編んだことのあるパターンにビーズをプラスしてみました。

英文パターンクラウンにビーズ
フリーの英文パターン、『Crowns Surround 』 をちょこっとアレンジです。

レース糸#40(オフ白) 
丸大ビーズ(スキ赤) マガ玉ビーズ4ミリ(スキ赤) 使用
サイズ 最大直径13.5センチ

丸い部分は10センチほどしかないので、コースターサイズです。
コースターにするには、周りのぷらぷらビーズがじゃまになっちゃたなーと反省
先端の勾玉も丸大ビーズとの違いがわかりにくいし



でもせっかくだから~

これも陽に透かしてみました~
 英文パターンクラウンを陽に透かす




ジャグカバーはもう1枚編みあがっています。
写真が………、まだです。






ご訪問ありがとうございます。
「暑いですね~」が挨拶代わりになっている毎日。
ザアッと夕立がきてくれれば、夜は過ごしやすくなるはずなんですが、
どおーゆーわけか! QPの辺りは雨が降ってくれません
雨雲さんはご近所を通っているようなのに、ウチにはこない
おかげで夜になっても建物がホカホカ
うう~ 夏はまだまだ続くよねえ。
もう充分に堪能した気分になってるんですが。






↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

ビーズで彩るレース編み №22

ジャグカバーの第4弾で~す♪

ビーズで彩るレース編み№22より
デザイン 『ビーズで彩るレース編み』 №22より 
レース糸#40(白) 
丸大ビーズ(スキ赤) マガ玉ビーズ4ミリ(スキ赤) ドロップビーズ9×6ミリ(ルビー)使用
サイズ 直径21センチ

本の見本にあった、縁に使う丸玉ビーズが見つからなかったので、
ドロップビーズ+勾玉ビーズを組み合わせてみました。
完成見本は23センチ。やっぱり私の編み方は縦方向が気持ち短いようです。


外周に近いところは普通のネット編みですが、ビーズの編み込みでラインを作っています。
菱形模様にびっしり埋め込まれたビーズから
波紋が広がっているように見えるのがおもしろいです。
ジャグカバー№22部分アップ



ガラス器にかけると自然にドレープができます。
ジャグカバー№22ガラス器
※フラッシュ使用


真上から見たところ
ジャグカバー№22ドレープ
模様の密度でヒダが決まるようです。
こんなところも可愛い
オーソドックスで、ずっと愛される定番デザインなのではないかと思います。
編みやすかったし、いろんな色で遊んでみたいけれど、使い道がねー
もらってくれる人がいればいいんだけど、編みたいから編む、で開き直っちゃうか?



ガラスのビーズは、やっぱり陽に透かしてみるのがキレイです。
ジャグカバー№22透かしてみる
ルビー色のドロップビーズ、こうすると良さが一層引き立つの












ご訪問ありがとうございます。
日差しのある明るい室内で写真を撮っているのですが、どうにも暗い上にピンボケ気味
西日なのがいけないんでしょうか。
フラッシュをたくと写真としては綺麗なんだけど色味が違っちゃうし
実物よりも良く見せようと(ヲイヲイ)、暑い中アレコレと画策するも連敗中のQPです。

編みかけていたもう1枚、編みあがりました。
これから仕上げをします。







↓ いつも拍手ありがとうございます。
  ポチッと応援で今日も頑張れます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズで彩るレース編み №24


ジャグカバーのお披露目、第3弾~♪

ビーズで彩るレース編み№24
デザイン 『ビーズで彩るレース編み』 №24
レース糸#40(白) 丸大ビーズ(スキ赤) ドロップビーズ9×6(ルビー)使用
サイズ 直径23.5センチ

本では直径26センチなので、少し小さくなりました。
長編みの足をもう少し長くしたほうがバランスが良くなりそうです。

これ、しばらく器に被せていたらヨレヨレになっていたので、軽く糊付けピン打ちをしました。
そこで気が付いた事実。
この模様、外側は 14分割 だ!
(編み図どおりに編めている、間違いではない)
中心の菱形が8個だったので、てっきり周囲も8の倍数だと思っていたら~
ピン打ち泣かせの数になっていました。
で、どうしたかって?
はい、勘でピン打ちしました


周りの丸大ビーズの密集しているところが、木苺みたいで可愛いくてお気に入りです。
垂れ下がるドロップビーズも可愛い
ジャグカバー№24部分アップ

外周のドロップビーズ、綺麗なんですが、
普通に置いてあるだけだと、黒っぽく見えちゃいます。
上の画像はかなり明度をあげて、赤く見えるように調整しました。


シャララン、と揺れるビーズが楽しくて陽に透かしてみる♪
ジャグカバー№24陽に透かしてみる
このジャグカバーは、3種類のビーズの編み入れ方が使われています。
菱形を縁取っているビーズの入れ方はちょっと手間がかかります。



ちょうどサイズの合うガラス器がなかったので、小どんぶりに被せてみました
ジャグカバー№24セット

どうでしょう。可愛いかしら?






あと2つ、完成済みです。
今回のと一緒にまとめて軽く糊付けしてピン打ちしてあります。

アイロン台の上でギュウギュウピン打ちの図
ジャグカバー3点ピン打ち中

さらにもう1つ、もうじき編みあがりの予定です






ご訪問ありがとうございます。
毎日、あっついですね
こう暑いと、植木の水遣りは夕方の方が良いかな、なんて、
今朝の水遣りを省いたら…
ミニトマトとダリヤが!
しなしなを通り越して、枯れっ枯れに!
水はけの良い用土のミニトマトと、素焼きの鉢のダリヤ。
夕方、たっぷり水をあげてはみたものの、もうダメかも
ミニトマトは収穫が始まって楽しみにしていたのに。
すっかり打ちひしがれてしまったQPです





↓ 拍手ありがとうございます。
  汗だくで写真を撮っているQPに応援ポチを!
  コメントお待ちしております(^^)

チューブクロッシェで遊ぶ

ビーズと戯れていて思い出したもの。

前にやってみたかったけど、スルーしてしまったチューブクロッシェ

ビーズクロッシェ用のミックスカラーの糸が発売されたとき、
その編みあがり見本の虹のような彩りと輝きにとても魅かれたのです。

作ってみたかったけど、
専用の糸とスワロフスキービーズを買うのをためらわれてスルーしちゃってた。

ふと気が付いたんです。
あれ? 今、糸もビーズもあるんじゃない? 専用のじゃないけど。


よし、作っちゃおー


…ということで、
ネットを駆使して、動画で勉強して練習しました。

初めては目が拾いやすいようにビーズを多色使いにして
初!チューブクロッシェ
うん、問題なく編めます。

うにょん、と曲がります。想像以上にしなやかで楽しいです。
うにょんと曲がるチューブクロッシェ

チューブクロッシェ楽勝じゃん! 練習終わり!
よし、本番♪  (え、もう?)


リズベスのミックスカラーのレース糸と、
丸大ビーズの、透明オーロラカラーを使ってみました。リズベス糸でチューブクロッシェ
んふふ~ 充分に綺麗じゃなーい?


ブレスレットに仕上げました
初!チューブクロッシェでブレスレット
初めてにしては良い感じだわ~と自画自賛でございます


このブレスレット、2ウエイ仕様(?!)なんですよ


ほ~ら、バッグチャームにもなります。
ブレスレットとバッグチャームの2ウエイタイプ

こんな可愛らしい色合いのブレスレットだと、我が家では貰い手がいないんですが、
バッグチャームだったらOK。
次女の通学バッグに付けてもらえました








ご訪問ありがとうございます。
今回の記事はどのカテゴリーに入れようかなーと迷いました。
ビーズだけど ”織り” じゃないし、クロッシェだけど ”レース” じゃないし。
とりあえず ”いろいろまぜこぜ~” の中に。
この先、ビーズクロッシェが増えたら独立させようと思います。




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズで彩るレース編み №12

前回につづき、ジャグカバーのお披露目です。


クラシカルなブルーのジャグカバーを編みました。
ジャグカバー№12アレンジ
参考 『ビーズで彩るレース編み ドイリーとジャグカバー』 №12
レース糸#40(ブルー) 丸大ビーズ(スキ青)使用
直径19センチ



このページの左のジャグカバーをアレンジしました。
ビーズで彩るレース編みP.27
※使いまわし画像ですみません

このジャグカバー、立ち上がり部分がうまく処理できないです。(画像1枚目の左下部分)
編み図どおりに編んだつもりなんですが、ここだけ円が繋がらないんですよ。
本では写真を重ねてレイアウトして立ち上がり部分を隠してるんじゃないかなーと。
ただ、ジャグカバーとして垂れ下がっているとあんまり目立ちません。
ビーズをたっぷり使ってしっとり感があり、サイズ調整しやすいしで、
飽きの来ない使い勝手の良いデザインだと思います。
本のコメントにあるように、色使いを変えても楽しそうです。



さて、シンプルな中心部はちょっと遊んで、この本の№11を加えてアレンジしました。
ジャグカバー№12アレンジ中心部
中心部のシンプルさは、むしろ「お好きな模様を加えてお楽しみください」と
言っているような気さえしてきます。
ほんと、欲しい大きさに調節しやすいデザインです。





日差しを受けたキラキラ写真~
ジャグカバー№12アレンジドリッパーにかけて
うひゃひゃ コーヒーのドリッパーにかぶせてます。
中心部の丸にサイズの合う物がほかになかったの

コーヒードリッパーにカバーはいらないので~

ウチではこんな風に使いまーす
ジャグカバー№12アレンジ消臭剤用

わははー ビーズタイプの消臭剤
生き物の多い我が家ではこれが必需品なんですよ。
これがポプリなんかだとオシャレだったんだけど~
あ、ブロ友さんの過去記事で、
ラベンダーのポプリをガラスの器に入れてジャグカバーをかけているのがありまして。
もう~、オシャレで素敵でした
ジャグカバーって、現代では使い時がないように思ってましたが、
ポプリのカバーって良いアイディアだなあって憧れてます






ご訪問ありがとうございます。
ニッポン全国、あっちっちですね~
こちらも最高気温36℃です。
朝からサンサンと日当たりの良い私の部屋、目が覚めるなりエアコンを点けました。
梅雨明けはまだ発表されていませんが、
これからまた暑い夏との付き合いが始まるんですね



↓ 拍手ありがとうございます。
  皆様の応援で元気が出てきました。
  コメントお待ちしております(^^)

ビーズで彩るレース編み №14

このところのはまりモノ、それは ビーズ

この本との出会いから始まりました。
ビーズで彩るレース編み★ドイリーとジャグカバー
『ビーズで彩るレース編み ドイリーとジャグカバー』
野本幸子著
日本ヴォーグ社刊
2008年4月14日発行

たまたま古本屋さんで手に取り、中を覗いてみたら…

今まで見かけていたジャグカバーとは、一線を画していたんですよ。

ビーズたっぷりのクラシカルなデザイン、
テクニックも縫い付けるのではなく、編み込み中心。

夏の日差しに涼しげにキラキラ輝くビーズに憧れて編み始めました。



すでにこの中から何点か編んでいますが、
まずはこの表紙のジャグカバーをアレンジした小品のお披露目をします。

ジャグカバー№14アレンジ
参考 『ビーズで彩るレース編み』 №14
レース糸#40(白) 丸大ビーズ(スキ赤)使用
直径13センチ

本の作品は、直径23センチの、ジャグカバーとしては大き目のものでした。

本のジャグカバーはこう↓
ビーズで彩るレース編みP.27
右ページの赤いレースです。
このページのレース、中心部が共通なのですが、
基本の円の編み方みたいなデザインで、ちょっと面白みが感じられないかな

ただ、ジャグカバーの本来の用途からすると、とても実用的です。
この本には8点のアンティークジャグカバーが紹介されていましたが、
中心部は割りとシンプルで、レースもけっこう目が詰まっているように見えました。

今までレース本で見かけていたデザイン性の高いスケスケジャグカバーでは
ホコリや虫よけにはなりませんものねえ。

でもまあ、今では実用性よりも、インテリア性重視なのでしょう。


で、QPは、
中心部をこの本の№6のジャグカバーのデザインを流用してこんな風に
ジャグカバー№14中心
ビーズ編み込み部分も小振りにアレンジしています。

糸始末をした後は、糊付けやピン打ちなどの仕上げをしていませんが、
ジャグカバーとしては、くったりしているくらいがちょうど良いような気がします。



ガラス容器にセットしてみたら、すごく綺麗でウキウキです
ジャグカバー№14輝き









ご訪問ありがとうございます。
しばらくビーズと戯れてみます。
もう1枚編みたくて、ビーズも追加しちゃったし
ビーズクロッシェにも興味が湧いちゃって、
ちょっとだけ、ちょっとだけ! 手を出しちゃってます。
今回の本は7年前の発行だし、ビーズクロッシェのブームも数年前だったと思うんですが、
流行に左右されないQPオバサンです。
  ↑ 良く言えばだけどっ 






↓ 拍手ありがとうございます。
  応援いただけると元気が沸いてきます。
  コメントお待ちしております(^^)

新人さん☆ドルフェス2015


すっ すみません ようやくの更新でございます



ドルフェスからのお迎えの子、ご紹介いたします。

ベベ・フランセさんバストアップ
ジュモー ベベ・フランセのリプロダクションです。

人形の森さんからお迎えしました。


たっちさせても身長27センチ、ミレットサイズの小柄な子です。
ベベ・フランセさん全身
まあるいラインのドレスが少女らしくて可愛いです
スカートのワンポイントレースは色の枯れ具合から見て、
アンティークじゃないかと思っています。
(画像は少し明るく調整したので、白っぽく写っています)


ボネもとってもステキなんです
ベベ・フランセさんのボネ



この角度のお顔、好きだわ~
ベベ・フランセさん今日からウチの子


もうウチの子だからね。
ここは堅苦しいことは絶対にないから、ゆっくり寛いでいてね。






ご訪問ありがとうございます。
梅雨鬱ってあるのかもって思うくらい、ヤル気の出ない時間を過ごしていました。
湿度は高いものの、涼しい、いや、肌寒いくらい過ごしやすかったのに…。
今日はいきなり暑いです。
朝は20℃だったのに、日中は30℃ なんじゃこりゃ、かなわん
でも洗濯物はカラッカラに気持ち良く乾きました。
しばらく暑くなるようなので、大物洗いに精を出そうと思います。




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)