QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

和菓子でハロウイン


シャトレーゼさんの和菓子、季節限定のハロウインバージョン
ハロウイン和菓子3種
毎年販売されているようなのですが、今年初めて買ってみました。



おばけのお饅頭、いただきまーす
ハロウインおばけ中
ほんのりピンクのホッペが可愛いおばけさん、
皮はもっちり、中はこしあん、ぱくっと美味しくいただきました



翌日は練りきりのかぼちゃさんを
ハロウインかぼちゃ
目と口は羊羹でできてるみたいですね。


いただきます
ハロウインカボチャ中
中はかぼちゃ餡でした。
ほんのりかぼちゃの風味、よおく味わいました



最後は練りきりの黒猫さんです
ハロウイン黒猫
にゃんこだったら、カフェオレボールで抹茶もいいかなって、薄めにたっぷり用意しました。
でもちょっと量が多すぎたー
湯量が多すぎて、シャカシャカするとこぼれそうになるし、
やっぱり抹茶はこんなになみなみ飲むもんじゃないですね


バラのカフェオレボール、お気に入りです。
ハロウイン黒猫中
黒猫さんの中は白餡でした。
これが一番甘かったかな(^^;)







シャトレーゼさんのケーキは優しいお味で我が家のお気に入りです。
お値段もお財布に優しくてウレシイかぎり
ハロウインの和菓子はいつも食べているものより小振りでしたが、
お値段も控えめで、ダイエット中のQPにはちょうど良い加減でした~








ご訪問ありがとうございます。
ハロウインカラー、すっかり町中に広がっていますね。
楽しそうなお祭りなので、ちゃっかり乗っかっちゃてるQPです。
でも突然、「トリッカトリート!」って本当に来られたら困っちゃう。
個人でひっそり雰囲気だけ楽しんでます





↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると元気が出ます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

ビスコーニュ☆オールドローズ

ビスコーニュ3個目、完成しました!

…って、まだ真ん中を引き絞ってない画像ですが

ビスコーニュ☆オールドローズ上側
詰め綿はセットの化繊綿ではなく、別に買い求めた”高級シリコン綿”にしました。
けっこうパンパンに詰めましたよ


下側です。
ビスコーニュ☆オールドローズ下側
蕾が可愛いの


横からも~
ビスコーニュ☆オールドローズ横
ぷっくり~ 可愛くって、このまんまでもいいかなって思っちゃいます。


ついでに真上からも~
ビスコーニュ☆オールドローズ真上
この真ん中のレース模様が好き
糸の色としてはグレーなんですが、オールドローズに合わせてあると、
艶もあるし、いぶし銀みたいでカッコイイです。




今回もけっこう刺しゅう糸が余りました。
このシリーズはたっぷり目に入ってるのかも。
ビスコーニュ☆オールドローズ余り糸





さて、ビスコーニュも3個目にして、ようやくクロスステッチにも慣れてきた気がします。
裏側も、迷走しつつも自分なりの処理法ができてきたような…
まだまだ試行錯誤中ですが、ここでこれからの戒めとして記録を残します。
とはいえ、自分用ですから!
サムネイルサイズにしておきますので…
おっきくして見ちゃだめよ
目がつぶれちゃうからね!!!

ビスコーニュ☆オールドローズ裏





ご訪問くださった皆様は、こちらのうんとカッコツケテル画像をご覧くださいませ

ビスコーニュ☆オールドローズ&咲ちゃん
画像だとわかりにくいですが、真ん中のビーズは、手持ちのマザーオブパールにしました。
セットの白パールも悪くなかったのですが、
真っ白より、クラシカルなバラの花の雰囲気に合うかなあって
(こちらのドールはココにいます →  )







ご訪問ありがとうございます。
先日、十数年ぶりに学生時代の友人とお出かけしました。
会って数分で学生時代のノリが蘇り…
おしゃべりに夢中になるあまり、電車を乗り過ごしてしまいました。
その後も訪問先で歩き回り、しゃべり倒し…
こんなにおしゃべりしたのは本当に久しぶりです。
今回のオールドローズのピンクッションはその友人にプレゼントする事にしました。
喜んでくれるかな… 喜んでくれるといいな…




↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると元気がでます。
  コメントお待ちしております(^^)

まったり秋のお茶菓子


天高く、馬肥ゆる秋

ワタクシ、ただいまダイエット中なのですが、どうやら停滞期のようです。


秋はいろんなものが美味しくってねえ


お茶菓子もQPを誘惑してくれちゃうし

煎茶でまったり一休み『柿』2015.10

秋の午後、マグカップになみなみの煎茶でまったりタイム




ビスコーニュのちくちくは、DVDをBGMに、半分横目で見ながらボチボチ進めています。

ビスコーニュ途中20151016
薔薇のデザイン
すごく素敵なんですが、刺し始めは布目の勘定との格闘です。
取っ掛かりができてからは、少~しラクかな。

ま、の~んびり楽しんでやってます



一息、ひといき。。。
秋の上生菓子『柿』2015.10










ご訪問ありがとうございます。
今日は一日中しとしと雨が降ってます。
(和菓子の画像は晴れた日のものね)
ちょっと肌寒いなあと思いつつ、いまだに半袖Tシャツで過ごしています。
このまま寒さに強い体になれるといいんですが、
真冬になったら、やっぱり足先が冷えて寝付けなくなっちゃったりするのかしら。





↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると、元気がでます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビスコーニュ☆野うさぎ


ビスコーニュ第2弾、完成しました!

ビスコーニュ☆野うさぎ上側

八角形のピンクッション ビスコーニュ (クロスステッチ) 野うさぎ (株)ルシアンのキット
サイズ 縦約8センチ×横約8センチ×高さ約3センチ

この刺しゅうは3本取りなので、それほど神経質にならなくても
ふっくら、みっちり、面が埋まってくれて助かりました。
ウサギさんの目は、指定では黒糸でクロスステッチするようになっていたのですが、
手持ちのビーズに変えてみました。
白ウサギさんは、なんとなーく赤いオメメという刷り込みがあるQPです。



下側はスッキリこれだけ
ビスコーニュ☆野うさぎ下側

中央の引き締める部分は、これまた手持ちのビーズに変えました。
キットに入っていたボタンだと、
この下側の中心の刺しゅうがほとんど見えなくなっちゃうんですよ。
このビーズに変えても、ビーズの下にクロスステッチ4目が隠れちゃってます。
なーんで、この位置にこのステッチなのかなあ
コースターへの転用を想定しているとか? 考えすぎか…




このチャートは奇数目でできています。
でも、説明書のはぎあわせ方だと、偶数目が対象なんですよね。
それだと、角っこがドンピシャに中央に来ないですよ。

それと、剥ぎ合わせの最初の糸始末
ビスコーニュはぎあわせの始め方
はぎあわせは2本取りなので、こんな風にループメソッドにしたほうが簡単です。


角っこの合わせ方は
ビスコーニュ奇数目のはぎあわせ角テク
こんな方法が本に載ってました。
角っこのL字形の2目を、中央の1目に2回かがっています。
平らな線同士は、普通に1目ずつかがって、
角っこだけこのパターンで処理すれば、目の数はちょうどピッタリになります。


横から~
ビスコーニュ☆野うさぎ横
可愛いねぇ~
角もピッタリですよ~



実は裏側も写真を撮っておいたのですが、とてもお見せできる状態ではなかったです。
ウサギさん部分はまあまあきれいだと思うんですが、
それでもステッチの進め方が確立していなくって、
同じウサギなのに同じパターンで進まずに違う糸渡りをしていたりします。
花の部分にいたってはグッチャグッチャ
裏が封印されるピンクッションで本当に良かった。。。




今回の糸の余り
ビスコーニュ☆野うさぎ材料残り
ナンカ… とっても余ったんですけど?
1メートルカットでセットされていたんですけど、
撚りにしていない糸は手を付けていないものなんです。

私…、ナニカ間違った?

いや、充分に足りて、問題なく完成した、と思うんですが。。。
初心者としては、すごく… 不安感が消えないです~。

詰め綿も余りました。
「適量のわたを詰める」と書いてあるところを「ぜーんぶ入れちゃえ~」の勢いで
かなーりギュウギュウに詰め込んで、パンッパンになっちゃってるんですが。
(さすがに途中で「これはキツイ」と感じ、あと少しで断念した)
前回のブルーローズのフワフワ感とは大違いです。
同じ10グラムくらいの綿なんですが、
種類が違うとこんなに体積が違ってくるものなんですかね。





ところで、この 『野うさぎ』 のキットを作るにあたり、
先達のお知恵を拝借しようとネットを徘徊したのですが…
ア、アレ? ほとんどヒットしない?!
ウサギさん、人気ないの?


ウサギさんはお子ちゃまに人気?
 「そんなことないでしゅ とってもカワイイでしゅ
   ウサギさんはヒルダのクッションにしましゅ」
え? ええ? それはQPかあさんも気に入ってるんだよお~







ご訪問ありがとうございます。
今日で三連休も終わり。
皆さんはいかがお過ごしでしたか?
QPは、静かにまった~りと家でおとなしくしていました。
過ごしやすい爽やかな季節、家にこもっているのはもったいない気もしますが、
チクチクもはかどってます。
次もルシアンのキットから。
薔薇のビスコーニュを作ります。






↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると、元気が出ます。
  コメントお待ちしてます(^^)

チクチクはつづく

2つ目のビスコーニュ、チクチク中です。

2つ目のビスコーニュ始め

今度のは模様が規則的でわかりやすいです
色もハッキリしているので、チャートが見やすいです。
ちょっと古めかしい、昭和レトロなニオイがするかなー



こちらはホントに古い物。
20年位前のオリンパスさんのキット、の、チャートおよび説明書です。
オリンパスさんのキット☆20年くらい前

懐かしい~
また同じものを作ることはないと思うのですが、
なんとなくチャートは捨てられなくって残してあります。

左のキリンは、オットが気に入って自分で作るつもりで買ったのですが、
結局手を付けずにいたので、私が作っちゃったクッションです。
これは25番刺しゅう糸6本取りでした。
刺しゅう部分が擦り切れるほど何年もリビングで愛用していました。
このクッションカバー、捨ててないと思うのですが、どこに仕舞っちゃったか。。。

右は友人の結婚祝いに作ってプレゼントした時のものです。
当人からリクエストがあり、結婚に間に合うようにセッセと刺しゅうしました。
結婚とか出産にちなんで、日付や重さを刺しゅうするフレームは今も見かけますね。
こういうお祝いもののシリーズって、これからもなくならないと思います。
だってね、刺しているとあったかい気持ちになって、
幸せのおすそ分けをもらっているような気分になるんですよ
また誰かリクエストしてくれないかなあ…



さて、QPの刺しゅう歴は20年どころではなく、
中学時代の手芸クラブの頃にまで、さらにウン十年遡ります。

もちろん、ずうっと刺しゅうをしていない期間もあったのですが、

ウ~~ン十年の間に溜まった使いかけの刺繍糸はこんなに…
使いかけ刺しゅう糸の在庫
ごっちゃり~

広げて写真を撮ろうとしたのですが、収拾がつかなくなったので山盛り状態で(^^;)

実はこれだけじゃなくってですね、
ミサンガを作ったときの残りの刺しゅう糸もまだたんまりあるんです。
QPのカオス部屋、そこらを掘ったら、きっとほかにも出てくる

たぶん、刺しゅうだけじゃ一生かかっても使い切れないと思う

いや、なにやっても使い切れない

たぶん、なにか作ろうとしたときに、この中にない色が欲しくなっちゃうだろうし



とりあえず、新しく手を出しちゃったビスコーニュ、キットものから消化します!

ウサギさんビスコーニュ、進行中

もう少しで上側が刺し終わりまーす

ウサギさん、可愛いよお~







ご訪問ありがとうございます。
ビスコーニュ、もうしばらく続きそうなので、ブログのカテゴリ『刺しゅう』を追加しました。
なんだかお人形ブログから離れて行きそうな雲行きですが、
ひょいっと登場させたりもしちゃいますよ。
お着替えを用意してあるのに着たきりスズメの子とかいますしね(^^)




↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると元気が出ます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビスコーニュ☆ブルーローズ

初の! ビスコーニュ、完成です

ビスコーニュ完成
クロスステッチのピンクッション〈ブルーローズ〉 籐久(株) ※トーカイさんのキット
サイズ 縦約8センチ×横約8センチ×高さ約3センチ

うひょひょひょ~
憧れのビスコーニュがようやくわが手に!
久しぶりのクロスステッチで、戸惑ったところも多かったけれど、完成してうれしー


下側はこんなです~
ビスコーニュ下
ちょっとあっさりしすぎてる気はするけど、これはこれでいいやー



横からも~
ビスコーニュ横
こうやって見ると、角の三角の紫のラインが繋がって見えるわ~


セットになっていた綿(10グラムくらい ※家庭用料理秤にて)は全部入れたんですが、
思っていたより柔らかい出来上がりです。
良く言えばフワフワですが、QPはもっとしっかりしているほうが好みかなー(^^;)
詰め綿はギュウギュウ入れるときりがないけれど、
次はもっと量を増やしてみたいと思います。



このキットの刺繍糸のセットはけっこうシビアで、
下側を刺すときは糸が足りるかドキドキハラハラでした。

完成後の刺しゅう糸の残り
ビスコーニュ刺しゅう糸残り
※説明書に「1本」とあるのは、6本取りの状態です。

8色あるうち、黄緑と薄青、青は使い切りました。
黄緑はホントにギリギリで、けっこうキツかったです。
紫は完璧に足りなかったですねー。
刺し方にもよるのでしょうが、もう1本入れておいて欲しかったです。
これは新た近似色の刺しゅう糸を買い足しました。

ちゃんと指示通り2本取りで使ったし、そんなに離れたブロックまで糸を渡してないし、
刺し始めはほとんどループメソッドにしたので刺し始めに無駄にもしてないと思うんですが。

かなりギリギリだったので、間違えて刺しちゃったりすると余裕はないです。
(間違えて解いた糸はヨレヨレに弱っているのであんまり使いたくない

このキットは糸メーカーのものではないので、
補充したくてもどれを買ったら良いのかわからなくて困っちゃいます。
補充のための刺しゅう糸の対応表とかついてるといいなあ、と思います。









それでもステキなデザインを完成させたくて、エンヤコラサ、と頑張りましたよ

ビスコーニュ見守り隊
作っている間中、そばで見守ってくれていたチビちゃんたちも喜んでくれています



次は色がはっきり分かれていて刺しやすい(たぶん)のを作ろうと思います。








ご訪問ありがとうございます。
今日も爽やかな秋晴れ。食欲の秋、絶好調です
少し前、『サバランもどき』を作りました。
バゲットを切り、オレンジキュラソーをたっぷり入れたシロップに漬けた後、
アプリコットジャムを塗り、チューブ入りのホイップクリームを飾っただけの
超~~~手抜きバージョンです。
それでもサバラン好きのオットには
「これで充分。いっぱい食べられるのがいい」と好評でした。
QPの”手抜きアイテム”がひとつ増えました




↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッとしていただけると元気が出ます。
  コメントお待ちしております(^^)

ビスコーニュ製作中

ブルーローズのビスコーニュ、下側も刺し終わりました。

ビスコーニュ*ブルーローズ製作中

下側のバラは小さな蕾が4つ、とてもあっさりしています。
でもこの小ささがクセモノ
たった2目とか4目で色を換えなくちゃなりません。

これ、刺し始めと終わりの両方で「糸をくぐらせる糸始末」をしていたら、
裏側は糸始末のオンパレードでエライコトになっちゃいます。

なので、刺し始めは「ループメソッド」という方法がいいです。
(このデザインは2本取りなので、全部ループメソッドを使ってます。
 キットの説明書にはこの方法は載ってないんですけど)
ビスコーニュ*ブルーローズ下側のバラ
画像のように端っこを輪にしておいて、裏でこの輪に針を通して抜けないように止めます。

残り少なくなった糸を4つに分けてループを確保するのはドキドキでした。
「もしかするとひと模様分に足りないかもしれない」という短さなんですもの。
なんとか全部刺せて良かったです。



上と下が刺し終わったら、いよいよビスコーニュにするための縫い合わせ。
ビスコーニュ*ブルーローズ縫い合わせ
説明書では刺しゅうの際にアイロンで折り目を付けるように書いてあったけど、
アイロンを出すのがめんどくさかったので、手抜き。
指先でギュギュッと押してクセを付けるだけで済ませちゃいました


角(かど)をずらして縫い合わせることでこの不思議な形になるのねー
”いびつな”=ビスコーニュの形
このずらした角のところ、きれいに合わせられるのか不安だったんですが、
やってみたら意外にスムーズにできました。
ただし、念のために2回ずつかがっておくという、石橋をたたいて渡るタイプのQPです。
このぐるっと1周をかがるのは50センチの糸では足りなかったので糸継ぎをしています。
継いだ部分も2回かがっておきました。
こういう簡単な手間なら惜しまないんだな~




入れ口を残しておいて綿を詰めます。
ビスコーニュ*ブルーローズ綿入れ口

よいしょよいしょ
ビスコーニュ*ブルーローズ綿詰め中
こちらのキットにセットされているのは『シリコンを含んだわた』だそうですよ。


綿だけでも売ってます。
テイジンのシリコンわた
これはトーカイさん(籐久(株))のオリジナル商品のようです。
ほかのビスコーニュもこの綿にしようと思って買っておきました。



さて、写真がいっぱいになったので、完成写真は次回に分けてアップしますね






ご訪問ありがとうございます。
ただいま、60センチ水槽が空き家になっています。
次の住人(サカナ)の目星は付けたんですが、
リセットするのが億劫でまだ手を付けていません。
ろ過装置だけがチョロチョロ働いていて…
水って動かしていないと腐っちゃうんじゃないかと、心配で止められないんですよ。
もったいない
とっとと掃除して立ち上げなければ…



↓ いつも拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると元気がでます。
  コメントお待ちしております(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。