QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

リアル蓮の華

今日は早起きして、行田市にある〔古代蓮の里〕に行って来ました
おりしも、蓮まつり開催中という事で、
朝の8時というのに、けっこうな賑わいです。
古代蓮の里 展望台を望む 
以前にも来たことがあるのですが、蓮って、こんなに大きな植物だったんですね。
葉っぱなんて、50センチくらいありますよ。

蓮☆開きかけ 
明け方に開いて、昼過ぎには閉じるという蓮の花。
まだ朝のうちなので、こんな開きかけの可愛らしい蕾も見ることができました。

蓮☆黄花 
数の少ない黄色い花。
夏の日差しに輝くようなレモンイエローでした。

蓮の花って、白いイメージが強かったのですが、
ここではほとんどがピンクでした。
ちなみに、紫色はないみたいですね

満開の蓮 
この種類は、満開になるとほんのりピンク色。
花びらの数も多くて、上品で豪華でした。

でも、どの花もそうなのですが、蓮の花って、
真ん中のシャワー口(くち)になんとなく違和感を感じてしまいます。
ここにタネができるのですね。

さて、蓮で食用というと、レンコン(蓮根)ですが、
蓮の種も食べられます。

蓮の実甘納豆 
ここで売っていた〔蓮の実甘納豆〕です。
けっこう大きな粒です。
お味は、………とっても甘いです。
特にクセもなく、柔らかくて、ちょっとねっとり感があるようです。

ついでにコレもご紹介。
大好きいがまんじゅう 
こちらの郷土料理〔いがまんじゅう〕です。
あんこのお饅頭の周りをお赤飯でくるんである、ユニークなお菓子です。
もともとはお祝い事の時に作られた縁起物だそうです。
祝い事のおまんじゅうとお赤飯を合体させちゃうなんて、
昔の人は意外に合理的?
けっこう食べでがあるし、甘すぎないのでQPのお気に入りです


今回、ピンクの可愛い(けれどでっかい)たくさんのリアル蓮の花を見て、
タティング 『蓮の華』 をピンクで作りたくなっちゃいました。


蓮☆ピンクエッジ 


また来てね!


↓ 拍手いただけると励みになります。
  コメントもお待ちしております。
スポンサーサイト

Comment

ジュジュ
シャワー!確かに。思わず笑ってしまいました。
蓮の種も食べられるんですね!一度、食べてみたいです。

蓮の花って陶器のようで美しいですよね。
極楽浄土の仏さまの花だし高貴ですよね。
この度も美しいお写真拝見出来ました♡
是非、ピンクで作ってみてください!!

大阪の実家の裏の万博公園も今は早朝の蓮祭りしてるのかな。
蓮の葉に注いで茎から飲むというお酒を楽しむことが出来ました。
茎もレンコンみたいにスカスカなんですよね。
2011.07.11 12:40 | URL | きれい~♪ #oSjggPWU [edit]
わ~ きれい♪
蓮の花。水面からすっと立つ花姿がきれいですね。
アップで撮ったのもいいわ~♪
QPさんは写真がお上手ですね。構図もばっちり!
クリアで美しいなーと思っていつも拝見しています。

いがまんじゅうに興味津々!^ ^

タティング「蓮の花」も楽しみにしています。
2011.07.11 22:25 | URL | りょう☆ #ynFikX5Q [edit]
ジュジュさんへ
シャワーは、花材や炭(スミ)などに加工されて売店で売っていました。
いっぱい採れるんでしょうね。
甘納豆は、シンプルに砂糖味で、とっても甘かったです。
渋~いお茶と一緒に楽しむと良さそうです。
蓮の実はお赤飯やおこわ、また、おせんべいに入れたりしたのもあったので、
今度は甘くないのを試してみたいと思いますv-16

蓮の葉からのお酒の飲み方、初めて聞きました!
おもしろーい!!!
ストローになってるんですねv-405
見てみたいです~。
2011.07.11 23:59 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]
りょう☆さんへ
ありがとうございます。
写真がよく撮れているのは、ひとえにカメラの性能のおかげです。
りょう☆さんこそ、画像の小物使いにセンスが光っていて、
QPにはなかなかまねのできないワザですよ。  よいしょ、よいしょv-14

いがまんじゅうはお店によって微妙に味が違うんですよ。
評判のお店は、自店売りしかしていなくて、
しかも午前中に売り切れちゃうほどなんです。

あっ タティング、本のドイリーのタイトルは「湖の華」でした!
すでに白いのと、段染め紫のを作っているのに、ピンクも作りたいほど気に入っているパターン。
ピンク1色と段染めピンクのどちらにしようかと、糸玉をにらんでいます(^^)
2011.07.12 00:25 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qpkaasan.blog136.fc2.com/tb.php/113-4002b7ed