QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

チャイナドール制作★ボディ編

ドルフェスでゲットした、チャイナドールのキット
チャイナドールキット制作始動
制作開始しました。



まずはボディ作りから始めまーす

※今回は画像てんこ盛りです。
  自分自身の覚書のつもりで書いていますので、長いですm(__)m




胴体部分の布パーツです。
ボディ用のシーチングを縫う 
中央で縫ってある部分は、サイドのウエストのくびれ部分になります。
見えにくいですが、布を2枚重ねてあって、
上端と下端が縫い合わせてあります。
この縫い合わせ部分は胴体の前中央と後ろ中央です。

縫い代は5ミリの指定なのですが、
このシーチングのように粗い布地は 、
縫っているうちに布端がボロボロとほつれてきてやっかいです。
なので、こういう場合、QPは広めに縫い代をとっておいて、
縫い合わせてから縫い代を切りそろえることにしています。


胴体手足の布パーツが縫いあがりました。
ボディのパーツ縫いあがり 


手足のビスクパーツ
手足のパーツの穴 
上部に穴が開いています。
ビスクパーツの中にはおがくずは詰めないようです。
説明書には、布パーツと合体させてから、
この穴にティッシュを詰めるようにとありましたが、
布の手足は細い筒状です。 
※下に敷いてあるカッティングマットの升目は1センチです。
先に詰めておいた方がラクだよね? と、ピンセットでチョイチョイ…

こんなでいいかな?
手足のパーツの穴にティッシュを詰める 


さて、ここで木工用ボンドの登場です。
木工用ボンド登場
工作っぽくなってきましたよ。


手足布パーツビスクパーツの合体!
手足のパーツ接着完了 
接着剤を塗り、残しておいた縫い糸を絞って、固定しました。
右側のビニール袋に入っているのは、おがくずです。


おがくずを詰めます。
使い捨て漏斗 
手前にあるのは、QP製即席使い捨て漏斗
厚紙をくるっと丸めて、ホチキスでパチンと1箇所留めただけです。
え? 厚紙ですか? ティッシュの空き箱ですよん


はい、ボディの完成♪
ボディ完成 
手足のおがくずは、ヒジ・ヒザ部分まで、
胴体部分は、特にギュウギュウに詰め込んであります。
ギュウギュウに詰めるには、一度にたくさん入れずに、
少しずつ入れては押し込む、を繰り返すと良いようです。
上部の入れ口は、おがくずを入れる前になみ縫いをしておきました。 
セットのおがくずは全部使い切りました。


ここで木工用ボンド、再登場。


頭部のビスク胴体を合体! …なのですが。  あっ ピンボケ!
頭部とボディを接着 
接着剤をつけすぎて、背中の穴からはみ出てきちゃった~
アチコチはみ出る木工用ボンドを慌ててふき取りながらギュウギュウ押し付けました。


接着剤が乾いたところで、
通しておいたリボンを縫い付けて、本体の完成です
チャイナドール本体完成♪ 
素朴な作りのボディ
可愛い


時間をかけて、丁寧に、丁寧に作ったので、満足のいくデキになりました。
おがくずのぎっしり詰まったボディは、ホッとする握り心地がします

ただ、この姿…
家族のウケは悪かった
…ふっ きっとこの子は通好みのお人形なのよ



ご訪問ありがとうございます。
昨日、この記事を書きかけていて、ちょっと席を離れたら、
家人がパソコンをいじって、画面を閉じてしまいました。
保存してなかったのにーーー!
冒頭部分をいったん保存していただけに、その後の内容がパアに
ほとんど書き終わっていたので、大、大、大ショックです。
本日、怒涛の勢いで書き上げました。
もちろん、こまめに保存しましたよ。

ふ~~~
次回は下着編を書こうと思います。
ここまでご覧いただきありがとうございました




↓ 拍手ありがとうございます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

Comment

やっと会えた!
昨晩お邪魔したときは画像が表示されてなくて(FC2さん、しっかりしてねー)
記事だけを読み、涙をのんで帰りました。
今日はチャイナさんに会えてよかったー。
ERIさんやQPさんの所でこのキットを見てどんな風に作るのかなー
と興味を持っていました。
出来上がった人形を買うのと違って自分で作れるところが楽しそうですね。
小さい頃に付録を作ったわくわく感がありそうだなー。
詳しく説明を入れてくださってて分かりやすいです。"φ(・ェ・o)~メモメモ
>家族のウケは悪かった
分かります。
私も初めてebayでチャイナドールを見たときは何これ?と思いましたもの・・・
下着やお洋服も楽しみにしています。
2013.07.03 18:25 | URL | りょう☆ #ynFikX5Q [edit]
りょう☆さんへ
が、画像が見られなかったんですかv-405
それでは涙も出ちゃいますよね。
こんな画像ばっかりの記事…e-263

チャイナドール、実は私も以前は興味ありませんでした。
でも、チャイナドールの出てくるステキな本と出合い、
ちょうどそのころ、リプロのチャイナドールがよく目に入るようになって、
自分でも作ってみたくなったのです。
ビスクを焼くのはムリですが、裁縫ならできますし、
工作もけっこう好きなのですよv-392

古いチャイナさんは今でもちょっと苦手。
でも、このチャイナさんは穏やかでクラシカルな美人さんです。
このお人形に似合う、素敵なドレスを作ってあげたいですv-410
2013.07.03 22:52 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]
とても興味深く読ませて頂きました。
チャイナドールの構造ってこうなっているんですね。
シーチングを縫っておがくず入れて、ビスクを付けるなんて、仕事が粗くなると歪みが出てきそう。
でも、さすがだわw美しい仕上がりですね!!
ビスクと胴体をくっつけるところなんて、なんだかグッときました。
なんでしょうーこの感動。

白い肌の胸の曲線がいいですね。
頬もぽっと染まって、とっても美人さん!
自分で作ったお人形だから愛着湧きますね。
どんな素敵なドレスを纏うのかしら〜♪
2013.07.04 13:32 | URL | joujou #oSjggPWU [edit]
joujouさんへ
こんなだらだら書いた覚書、読んでくださってありがとうございます。
チャイナドールが気になりだしてから、
キットを完成された方のブログを拝見しても、
作る手順までは見ることができなくて。
また作る機会があるかどうかはわからないけれど、
忘れないように書いておきました。

アンティークのチャイナさんはちょっと馴染めそうにないのですが、
リプロのチャイナさんはみんなそれぞれ美人さんですね。
でも、自分でボディから作ったコは特別可愛いですね~v-10
なんにも着ていないのに、「可愛い~~」って思いましたもん。
人形作家さんは、いつもこんな感動を味わっているのでしょうね。

実は~  下着もドレスも、もうできています。
ただ、ブログの記事にまとめるのは、裁縫よりも気を使うのでv-14
もうちょっと待っててくださいねv-392
2013.07.04 14:11 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qpkaasan.blog136.fc2.com/tb.php/299-e01490a9