QPの道草三昧
人形・ハンドメイド、ペットのことなど趣味のブログです。QPの道草遊びにおつきあいくださいませ。

JSC へ行こう!その2


群馬県太田市、ジャパンスネークセンター『あなたの知らないヘビの世界へ………』

JSC案内リーフレット
どうでもいいことなんですが、このパンフレット、家庭用プリンターで印刷した感アリアリ
運営、厳しいのかな



『ヘビのお食事タイム』を見学した後は、

14:00~ 『は虫類ふれあい体験教室』

タイトルは は虫類ですが、話の内容はヘビ

開始時間が近くなると、スタッフの方がゴソゴソとプラケースをいくつも運び込んできました。
中にはヘビ。
夏になるとホームセンターで昆虫用に大量に陳列されている、あのプラケースにヘビ

説明は教室前方のスクリーンに映し出される画像を示しながら進みますが、
「映像だけじゃつまらないですよね」と、折々に実物が登場します。
前出のプラケース入りのヘビが最前列の机に置かれ、
「見たら後ろに回してください」  おおう! 順番に回して見るのね。はははは…
大きめのヘビは先生が持って、机の間を見せて歩いてくれます。
QP、机の端に座っていたので、
目の前、20~30センチのところを生きたヘビさんが通過していきます

「ヘビは同じ種類でも子どものときは柄や色が違ったり、
 また、大人になってもいろいろな色をもつものもいます」

ということで、真っ黒なシマヘビも見せてくれました。
その黒いシマヘビがそばを通ったとき、すぐ後ろの男性から「かっこいい!」との声が。
先生、すかさず
「そう、黒い個体はカッコイイというので、
 ペットショップでも普通のより高く売られていたりするんですよ
 そこらにいるんですけどね
 お金を出して買うほどのもんじゃないと思うんですけどね」

いやいや、たぶん、いるんだろうけど、あんまり人目につくところに出てこないから。
ホラ、ヘビは臆病で神経質だからね。

ひととおりヘビについての講義が終わると、ここでもお楽しみのふれあい体験の時間♪

ここではボールニシキヘビ(もちろん無毒)が出てきました。
別名、ボールパイソン、ボールみたいに丸くなるところから名前が付いたんだそうです。

始めは先生が抱っこしているヘビに触るだけ。
ぞろぞろと先生の前に列を作る参加者。
みんながひととおり触ったら、希望者には自分で持たせてくれます。
希望者だけとはいっても、全員が並んでいたような?

ボールニシキヘビは自分で丸くまとまってくれるから持ちやすいはずなんですが、
QPのときはなぜかニョロニョロと動き回る
「ヘビはツンツン突くように触られると鳥の足に掴まれる状態を想定して逃げようと動き回る
 ぺたりと手のひら全体で触れば、包まれている感覚で安心して動かない」

と採毒実演のふれあいタイムで聞いていたのでそのようにしていたのですが。
「ペットを飼っていたり、小鳥など小動物の匂いがすると
エサがあると思って探して動き回ることがあります」

それかーーー!


さて、衝撃のヘビ画像!

QP、ボールニシキヘビを抱っこするの図、登場です。




いいですか?





いきますよ?





はい!

ボールニシキヘビを抱っこ
「ごはんの匂いがする~」って探してる?


「お母さん、ごはんどこ?」 ごめんね、持ってないの
ボールニシキヘビさんこんにちは(^^)

このとき、QPの手首には胴が巻き付いていて、
しっかりと頼られていたのでした。(そうなのか?)





楽しかったです! ジャパンスネークセンター
とっても勉強になりました。
また行きたいです。
今度は暖かくなってから、大蛇と記念撮影するんだ~
お近くの方は是非!
お近くでない方にもオススメです
スタッフの方の説明を聴けるイベントに参加するのがポイントですよん





ご訪問ありがとうございます。
画像を自粛したため、文字ばっかりになっちゃいました
最後までご覧いただきありがとうございます。
次は手仕事の話題にしますね。




↓ 拍手ありがとうございます。
  拍手大好き ポチッといただけると元気が出ます。
  コメントお待ちしております(^^)
スポンサーサイト

Comment

QPさーーーーーーーん!!!

何をされたのでしょうか??
すごいです!!
ほんとすごいです!!
私・・・絶対無理~

あなたの知らないヘビの世界へ………
キャッチフレーズには爆笑でしたが・・・
そんなもん、吹っ飛ぶぐらいビックリしましたー

あんな可愛い服作ったりや編み物したりする
QPさんからは想像できず・・・

ま、知らないことばかりの蛇ちゃんたちで
楽しかったですよ、
画像も全然大丈夫でしたし♪
2016.02.24 09:22 | URL | あんじぇら #- [edit]
あんじぇらさんへ
あんじぇらさーーーん!
みーんな抱っこしてましたよ。
ヘビってカワイイ生き物ですよ~v-10
オメメくりくりだし、よーく見るとおちょぼ口してるんですよv-398
※舌をチョロチョロ出すための(?)空間があるの

とはいえ、ふだんの生活でヘビに出会ったりしてもお近づきになったりはしませんよ。
毒蛇であるニホンマムシとヤマカガシは普通にその辺にいるというお話でしたし、
色や柄にバリエーションがあるので、
ど素人には無毒のヘビとの見分けがつきにくいですから。
それに、”臆病で神経質なヘビ” にとっても、
人間には近づきたくないはずなんですよねv-411
いや~ 1回行っただけですが、
『あなたの知らないヘビの世界』 タメになりました。
ホント、オススメです。

こんなヘビの話にお付き合いありがとうございました。
ちなみに、リアルQPの周りの人たちにとって(家族以外)、
レース編みや人形遊びをしているQPは想像がつかないらしいですv-411
2016.02.24 15:47 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]
山形にも、庄内のほうに、月山あさひ博物村があって蛇さんやとかかげ、爬虫類に触れることができるようです。
私は、ここの前は、と打ったことがあるだけで、実際見たことはありません。
QPさんは、すごい度胸ですね。私は、ちょっと無理ですね。
写真で見る分には、平気ですけど・・・・ね!
2016.02.26 13:51 | URL | doll49002004 #- [edit]
doll49002004 さんへ
月山あさひ博物村を検索してみました。
アマゾン自然館というのがあったようで、
HPなども残っているのですが、更新されてなく、
月山あさひ博物村のHPでは「閉館しました」の表示がe-263
2年位前にやめちゃったみたいです。残念v-393

ヘビとのふれあいは、事前にスタッフの方の説明をよーく聴いておくと、
怖さなんてまったくなくなりますv-426
それに、ふれあい用のヘビさんは人に慣れさせてあるんだと思います。
動物園とかでもふれあいコーナーって好きなんですよ。
モフモフの毛皮付きのタイプも、は虫類も、私には同じなんですv-411
2016.02.27 02:02 | URL | QP #dZ8n7Uo6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qpkaasan.blog136.fc2.com/tb.php/497-2e0a63e4